• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 言語芸術学科
    5. 言語芸術学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 言語芸術学科

    人文学部 言語芸術学科Today 一覧

    2018年
    06月19日

    授業紹介:テーマ・シンキング

    2年次科目「テーマ・シンキング」は、一つのテーマに沿って複数の教員がオムニバス式で講義を行います。言語芸術学科の特色の一つに、「学際的」というキーワードがありますが、この授業はまさに多分野を縦断しながら(=学際的に)一つのテーマを追求していき、広い視野と柔軟な思考力を身につけることを目的としています。
    
    
    image__7__large re.jpg
    
    今年のテーマは「怪」。道行担当の回では、イギリス文学の古典『ベオウルフ』をもとに、「怪物(モンスター)とは何か」について考えました。「未知のもの」「興味を引き起こすもの」「恐怖を感じさせるもの」「憐れみを起こさせるもの」、など、怪物には様々な側面があります。昔から、怪物のひとつのパターンとして、実在するものを複数組み合わせた「ハイブリッド」があります。授業では、3人一組になって既存の怪物を組み合わせてオリジナルの怪物を創造してみました。受講生の声の一部を紹介します。
    
    
    image-1__3__large re.jpg
    
    「三つの怪物の特徴を合わせるのに苦労した」
    「同じ怪物を題材にしていても全く違った表現方法の班もあって、捉え方の違い
    に気づかされた」
    「怪物にもそれぞれのストーリーがあることに関心を持った」
    「異なる怪物を組み合わせて新しいものを作るのは創造力が働いて楽しかった」
    「既存の怪物たちも、こんなふうに人々の想像によって出来たのかもしれないと
    思った」
    
    「またやりたい」という感想もたくさん出ました。また、いつかぜひ!

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE