• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2016年
    11月25日

    【学外授業】「観光文化論(文化政策論)」世界遺産登録された炭鉱史跡での学外授業

    「観光文化論(文化政策論)」では、地域にとって大切な資源である歴史や文化の保存や活用について学んでいます。11月3日の文化の日に、世界遺産登録された大牟田市周辺の炭鉱史跡などを訪れる学外授業を実施しました。履修者数の関係で、1年生と2年生、3年生と4年生で時間をずらしながらの見学となりました。3年・4年グループには外部講師の平島先生がつきそい、先生の解説を聞きながらの研修でした。
     
    IMG_2546.JPG

    最初に訪れたのは、世界遺産登録されている万田抗です。文化の日ということもあり、多くの人たちが見学に訪れていましたが、私たちを含め見学に来た人たちを迎えてくれたのは、初々しい地元の小学生のガイドさんでした。
     
    IMG_2548.JPG

    石炭輸出のための重要な役割を担った長崎税関三池支署、石炭採掘の歴史を学べる大牟田市石炭産業科学館、掘り出された石炭を積みだしていた三池港と周ったあと、炭鉱関係者の社交場となっていた旧三池港倶楽部を訪れました。その豪華な建物に、大牟田市が炭鉱で栄えていた時代が偲ばれました。
    IMG_2591.JPG

    最後に訪れたのは、三川抗跡です。閉山直後のままに多くの建物が残されていました。また、炭鉱で働いていた方が現地ガイドをしてくださいました。
     
    IMG_2603.JPG

    講師の先生や現地のガイドの方たちからただ見学するだけでは得られない貴重なお話を伺うことができ、有意義な研修となりました。
     
    IMG_2593.JPG

    2016年
    11月02日

    【学外でのゼミ活動】佐島ゼミ・田中ゼミ合同の熊本研修

    歴史文化を観光活性化に結びつける研究をしている佐島ゼミと、文化遺産をキーワードに観光や文化交流について考える田中ゼミが合同で、10月16日に熊本に研修に出かけました。もともとは5月に予定していたものでしたが、4月の大地震により実施が難しくなったため、延期になっていた研修です。目的も少し変え、熊本城を中心とした観光地における震災の影響についてのフィールドワークを実施しました。
    〔市役所からみた飯田丸五階櫓〕
    IMG_2411.JPG

    熊本に到着して最初に、熊本市役所の最上階に上がり、震災で大きな被害を受け、倒壊防止の鉄骨で支えられている飯田丸五階櫓など熊本城の建物を見下ろしてみました。また、市役所内には被災に関する情報が数多く掲示されており、震災は終わっていないことを感じさせられました。その一方で、下通や上通の商店街を歩いてみると、人通りも多く震災があったことを感じさせないくらいにぎやかな様子だったことは学生の印象に残ったようです。
    〔武将隊のおもてなし演舞〕
    IMG_4034.JPG

    昼食後は、熊本城すぐ脇にある観光施設、桜の馬場・城彩苑で熊本城おもてなし武将隊のおもてなし演舞を観劇しました。今回は、佐島顕子教授が研究を続けている小西行長様、武将隊のリーダー加藤清正様の息女あま姫様、加藤家三傑と呼ばれた重臣の飯田覚兵衛様、庄林隼人様のおもてなし演舞でした。
    〔あま姫様と庄林隼人様からお話を伺っている様子〕
    IMG_2453.JPG

    熊本城おもてなし武将隊の武将の方々とは昨年度後期から様々な形で交流事業が行われています(今年度の企画についてはこちらをご覧ください)。演舞のあと、あま姫様、庄林隼人様、小西行長様と個別にお話する機会をいただき、震災後の様子や武将隊の活動についてのお話を伺うことができました。
    〔小西様の決めポーズを真似てパチリ〕
    D.JPG
    〔あま姫様、庄林隼人様と記念撮影〕
    B.JPG

    城彩苑でのフィールドワークのあとは、城内で立ち入りが可能な二の丸広場から加藤神社まで歩き、本丸の天守閣や宇土櫓などを眺めました。崩れた石垣に倒れた漆喰塀など、再建完了まで20年はかかるとも言われている被害の大きさを実感しました。
    〔被災した天守閣と宇土櫓〕
    IMG_2484.JPG

    被災し崩れたお城の様子を眺めながら、そういう場所でピースサインをしながら記念撮影をしていいのかといったことを考えていた学生もいました。観光の楽しいというイメージを相対化する機会にもなったようです。

    2016年
    10月30日

    【研修旅行】「フィールドワーク現代文化(アジアB)台湾研修」の報告

    現代文化学科にはアジアや欧米の諸国に実際にでかけ、現地の社会・文化を見聞する研修旅行科目があります。この授業はただ旅行に出かけるだけではありません。事前授業で出発前に出かける国の歴史や文化、社会について調べて十分に理解を深めたうえで、勉強したことを実地体験を通して確認します。今年度の研修旅行先は、韓国と台湾でした。以下は、夏休みに台湾に出かけた研修旅行(高戸准教授担当「フィールドワーク現代文化(アジアB)」)の報告です。
    台湾研修では、台湾の歴史的な経緯の複雑さを理解してもらうのが、目的の一つでした。
    DSC00030.JPG
    17世紀、スペイン人によって建設され、今世紀まで、オランダ、中国、イギリス、と主を変えてきた紅毛城、
    ファイル 2016-10-19 17 36 54.jpeg
    日本統治時代、炭鉱の街として栄えた九份、
    DSC00167.JPG
    中華人民共和国の蒋介石を祭る中正記念堂、などを訪れました。
    以下、学生レポートから紹介します。
    「私たちが龍山寺に行ったとき結構雨が降っていたのですが、雨が降っている中でもたくさんの人がお参りに来ていて皆必死に拝んでいてびっくりしました。」(T.S.さん)
    DSC00005.JPG
    smaller.jpg
    「士林夜市正面看板のほうにあるのが大きなチキンで有名な士林豪大大鶏排があります。……自分の顔くらい大きさで、でもしっかり味もついておりとっても満足でした。」(M.A.さん)
    DSC00165.JPG

    「どの場所に行っても旅行客への対応があり、楽しませてもらいました。旅行地となっていることを理解しそこでどうすることが満足を得ることができ、自分たちの利益になるのかをしっかり繋げて考えられているように感じました。」(M.A.さん)

    「海外は遠い、時間がない、そんな中台湾は日本から近く、日本語を話せる人が多く、とても行きやすい国です。台湾で美味しいご飯を食べ、きれいな景色を見て、台湾の方と触れ合い、気持ちを元気にして就職活動へのはげみにしたいと思いました。」(H.K.さん)

    最後に、みんなでオープンキャンパスなどで使用するパネルを作りました。
    smaller2.jpg
     

    2016年
    07月17日

    【研修旅行】台湾への研修旅行の準備が進んでいます

    現代文化学科にはアジアや欧米の諸国に実際にでかけ、現地の社会・文化を見聞する研修旅行科目があります。この授業はただ旅行に出かけるだけではありません。事前授業で出発前に出かける国の歴史や文化、社会について調べて十分に理解を深めたうえで、勉強したことを実地体験を通して確認します。今年度の研修旅行先は、韓国と台湾です。
    それでは、夏休みに台湾に出かける研修旅行(高戸准教授担当「フィールドワーク現代文化(アジアB)」)の事前授業の様子を覗いてみましょう。この台湾への研修旅行では、あらかじめ台湾の歴史を学んだうえで台湾の社会・文化を実地体験することで、東アジアにおける台湾の複雑な立ち位置についての理解を深めます。
     
    IMG_2179.JPG

    今日の事前授業では、台北市の地図を広げ、滞在するホテルと研修で出かける場所の位置関係や、交通手段などを調べました。また、ローカルな食文化事情についてもしっかり確認し、楽しみも増えたようです。
     
    IMG_2178.JPG

    2016年
    07月06日

    【学科のイベント】熊本城おもてなし武将隊と連動した様々な企画を実施しました。

    6月から7月2日まで、熊本城おもてなし武将隊の武将の方々と現代文化学科がコラボした企画が続きました。
    〔7月2日の公開講演会の様子〕
    2 July open lec.jpg

    6月8日には、講師に立花家史料館館長植野かおり先生、立花家史料館のスペシャルサポーターも務められている熊本城おもてなし武将隊の立花宗茂様をお招きした公開授業『日本伝統工芸の粋、武具甲冑からみえる歴史と文化-戦国武将からの視点・現代ミュージアムからの視点-』を、2年次必修科目『アカデミック・リテラシー』の特別授業として実施しました。
    〔戦国武将の甲冑について説明中の植野先生と立花様〕
    IMG_3051.JPG 
    6月17日には、熊本城おもてなし武将隊から加藤清正様黒田官兵衛様『戦国武将が語る現代文化』と題した特別講義に参陣されました。二人の武将が田中英資准教授が担当する『観光文化論入門』と『観光文化論(文化遺産論)』を「襲撃」するという形で、様々な形で戦国期と現代とのつながりや変化を、武将の目線で語ってくださいました。 
    〔文化遺産論で熱いトークを繰り広げる加藤様と黒田様〕
    IMG_5505.JPG

    そして7月2日、東京大学史料編纂所教授山本博文先生をお招きした公開講演会『九州大名のプライドと豊臣政権』を開催しました。熊本城おもてなし武将隊からは加藤清正様島津義弘様小西行長様の3武将が出陣されました。まずは、3武将の華麗な演舞から始まり、学生・一般あわせて360名を超える観客のみなさまを非日常のトークの戦場に引き込みます。
    〔華麗な演舞を披露する3武将〕
    13584676_805901862842847_3626380323478370100_o.jpg
    九州制覇まであと一歩というところまで行った島津氏を服従させた豊臣政権が送り込んだ2人の若き武将加藤様と小西様を島津様が迎え撃ち、そこに山本先生の鮮やかな解説が加わる!…という構図なのかと思いきや、加藤様と小西様の痴話げんかを島津様がなだめつつ山本先生の解説を仰ぐといった展開もあれば、3武将の恋バナで盛り上がるといった展開もあり、最初から最後まで目の離せないトークバトルとなりました。
    〔山本先生の解説に聴き入る武将の方々〕
    IMG_3056.JPG 
    さて、これら3つのコラボ企画の録画については立花家史料館のご協力を賜りました。また、演舞やトークバトルの舞台演出には、本学クロコブ所属の学生の皆さんが力を尽くしてくれました。熊本城おもてなし武将隊の方々だけでなく、多くの皆さまのご協力のおかげで、いずれの企画も意義のあるものになりました。誠にありがとうございました。
    最後に、これらの企画の運営は、熊本の観光応援や福岡・熊本の距離を縮める研究をすすめる佐島ゼミ(4年生・3年生)の活動の一環として行いました。資料の準備から来場者の誘導、ゲスト対応、物販など、朝から晩まで頑張りました。
    〔6月17日の公開授業の運営を頑張った佐島ゼミ生〕
    IMG_2172.JPG
    〔7月2日の公開講演会後の物販の様子〕
    IMG_3053.JPG
    〔公開講演会終了後の1枚〕
    IMG_3052.JPG

    ◇参考:それぞれのイベントについて、参陣された武将の方々もその様子を綴られています。以下は、7月2日に参陣された3武将の武録(ブログ)です。
     ・加藤清正様の記事
     ・島津義弘様の記事
     ・小西行長様の記事
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE