• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2018年
    01月18日

    熊本城おもてなし武将隊による特別授業を実施しました。

    現代文化学科の人気授業のひとつである佐島顕子教授の「日本史A」では、これまでも学生に日本の過去の歴史と現在とのつながりを実感してもらう取り組みが行われてきました(例えばコチラ)。学期末が近づく今週、熊本城おもてなし武将隊を招へいした特別授業が実施され、キリシタン大名の小西行長様、薩摩の島津義弘様、細川家家老松井興長様の三名の武将が福岡女学院に出陣されました。日本史を受講している学生たちは、武将の演舞やトークを通して、熊本城復興状況と熊本観光復興についての理解を深めました。
     
    〔迫力ある演舞に学生たちは引き込まれました〕
    1武将の迫力演舞.jpg

    〔授業後に記念撮影をする受講生と武将のみなさん〕
    3武将と学生たち記念撮影.jpg

    また、授業の後も、学内を歩かれて学生や教職員と積極的に交流してくださいました。小西様や島津様は以前から福岡女学院に来てくださっています。顔見知りになった学生と談笑されるという場面もありました。
    〔昼休みに学生たちと記念撮影〕
    IMG_7447.JPG


    おもてなし武将隊の皆さんもこの特別授業について、ご自身のブログで紹介してくださっています。
    ・小西行長様~【再び福岡女学院】
    ・島津義弘様~【学舎】 
    ・松井興長様【福岡女学院】 

    なお、この特別授業は、佐島教授のゼミの学生(2年生から4年生)がイベントポスターの製作や武将方のアテンドなど、イベントを支えるスタッフとして活動しました。

    現代文化学科では、今後もこのような特別な形の授業を通して、学生たちの関心や理解を深める取り組みを続けていきます!

    2017年
    12月13日

    ヨーロッパ世界遺産研修(イタリア・クロアチア)報告①~クロアチア編


    現代文化学科には欧米諸国やアジア諸国、日本各地に実際にでかけ、現地の社会・文化を見聞する研修旅行科目(「フィールドワーク現代文化」)があります。この授業はただ旅行に出かけるだけではありません。事前授業で出発前に出かける国の歴史や文化、社会について調べて理解を深めたうえで、勉強したことを実地体験によって確認します。今年度の行先はクロアチア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、イタリアです。夏休みに出かけた研修旅行の様子について、研修日誌や事後レポートに書かれた参加学生の声を拾いつつ、これから数回に分けて報告します。

    福岡から成田、成田からイスタンブール(トルコ)、イスタンブールからドゥブロヴニクと、2回の乗り継いでやってきたのがクロアチアのドゥブロヴニク。「アドリア海の真珠」と呼ばれる美しい旧市街が世界遺産に登録されています。
    「旧市街に着くと、事前授業で観たDVDを思い出すような景色が目の前に広がり、本当に自分がそこにいることが嬉しかったです」(S.K.さん)
    IMG_4616.JPG

    谷間のような地形につくられた旧市街は、狭い路地や急な階段が迷路のようになっていて、地元の人たちの生活を垣間見ることができました。また、伝統衣装を着て土産用の手芸品を織っていく女性の手つきを観察したり、ジェラート屋のアイスを楽しんだりしました。
    「旧市街で働く方々は、私たちが日本人であることがわかると『こんにちは!ありがとう!』と日本語で話してくれる方も多く、非常にうれしかったです。」(M.F.さん)
    IMG_4427.JPG
     
    IMG_4446.JPG

    生活のために毎日上り下りしているのかと思うと気が遠くなるような石畳の階段にも驚きます。
     
    IMG_4438.JPG

    さらに、旧市街を囲む城壁を登って、一周しました。歩いてみるとかなりの距離がありますが、美しい景色が疲れを忘れさせてくれました。
    「城壁をぐるっと一周するのはきつかったけど、歩けば歩く程、海を一面に見渡せたり、港があったり、全面オレンジ屋根の旧市街を一望できたりと、表情が変わっていって、とてもきれいでした。」(N.Kさん)
     
    IMG_4688.JPG
     
    IMG_4683.JPG

    ボスニア・ヘルツェゴヴィナのモスタル編に続きます。

    2017年
    12月05日

    【インターンシップ報告】株式会社JTB九州福岡支店でのインターンシップ

    現代文化学科の観光文化分野では「文化」をキーワードに、「観光」や「旅」について学びます。大学での学びだけでなく、より実践的なプログラムとして、企業での業務体験(インターンシップ)を学科独自のプログラムとして実施しています。今回は、2017年度夏休みに株式会社JTB九州福岡支店様でのインターンシップを経験した学生のレポートをご紹介します。

    K.S.さん 3年
    株式会社JTB九州福岡支店様にてインターンシップをさせて頂きました。旅行業界には小さい頃より興味がありましたが、今一度、このインターンシップを通して実際の業務や働かれる社員の皆様の姿を拝見し、今後の将来について見つめ直したいと思い参加しました。
    今回インターンシップに参加するにあたり、私が設定したテーマは3つありました。1つ目は、以前より興味のある旅行業界を、企業を通じてより深く知ること。2つ目は、研修先でもある福岡支店様にて仕事はどのようなものか知り、現場で働く社員の方々に質問し、聞いて、考えること。そして3つ目は、この機会を通して、今後自分がどの様な仕事をしたいのかを考えること。この3つのテーマを軸にし、5日間研修を行いました。
    5日間のインターンシップの内容は非常に濃いもので、様々な社員の方が親身になって業務の説明や仕事でのやりがいなどを教えてくださいました。業務内容は主に法人営業に関わるものでした。私がイメージする旅行会社の仕事は、店舗でのカウンター業務だったこともあり、今までその存在が見えていなかった部署の業務であること、また教育機関や企業などの団体の方々がお客様ということもあり、とても新鮮でした。お客様とともにプランを練っていくことを通して、既存の商品には無い新しいサービスを提供できる面白さや、営業に関する説明資料の作成や手配といった地道できめ細かい作業の大変さなど、実際の現場に行かないと感じられないことが沢山ありました。今後の職業観について考える良いきっかけになりました。
    インターンシップを終えて、旅行業界とはどういったものかを学ぶことが出来た一方で、お世話になったJTB九州様の魅力を新たに知ることも出来ました。関係各所とのつながりをコツコツ築き上げ、大切にすることによって、お客様にとって最高のサービス・旅が提供出来るのだなと実感しました。こういった信頼を築き上げる為には、コミュニケーションが最も重要なのだなと気付きました。
    今回のインターンシップで得たことを生かしながら、今後はより一層業界研究や語学の勉強に励むつもりです。また、日頃から年齢関係なく様々な方と接するなかで、コミュニケーション能力を磨いていきたいと思います。

     

    2017年
    11月25日

    【イベント告知】「日本史A」特別授業&NHK大河ドラマ招致キャンペーン 『戦国最強カップル 誾千代姫・立花宗茂公 降臨!』

    先日ご案内しておりました「日本史A」特別授業&NHK大河ドラマ招致キャンペーン 『戦国最強カップル 誾千代姫・立花宗茂公 降臨!』が迫ってまいりました。皆さまのご来場をお待ち申し上げます!
    以下は、佐島ゼミ2年生が作成したイベントポスターです!

    フライヤー立花4.jpg

    なお、会場の422教室(4号館2階)への経路は、以下の地図をご確認ください。4号館は赤い丸で囲ってある建物です。正門から入られた場合、池のある中庭を抜けてグラウンドを正面にして、左手にお進みください。
    map_marked.png

    2017年
    11月22日

    【ユニークな授業】 プロジェクト演習で寺園院長杯企画提案コンテストを行いました。

    現代文化学科を特徴づける科目のひとつとして、アクティブラーニングの手法を取り入れた「プロジェクト演習」があります。これは、1年生を対象にした授業で、与えられた課題をグループワークで取り組むことを通して、プレゼンテーション力、思考力を身に着けながら、チームで働くとはどういうことかを学ぶことを目的としています。
    後期に入り、与えられる課題のレベルも上がってきました。今回の課題は、大学生活のなかで気になった問題を解決するための企画提案コンテストです。寺園 喜基院長にもご協力いただき、寺園院長杯として、12のチームが企画提案で競いました。

    今回は、最終選考に残った4チームのプレゼンテーションです。4チームの企画提案は以下の通りです。

    ・学内カフェと連携した新聞購読の促進企画
    IMG_5335.JPG

    ・仮眠室設置で授業の集中力を高める企画
    IMG_5340.JPG

    ・洋服の悩みを解決する大学祭でのフリーマーケット企画
    IMG_5344.JPG

    ・化粧品メーカーと連携した学生向けメイクアップ講座企画
    IMG_5349.JPG

    どの提案も、これまでの予選のなかでもらったコメントや質問をふまえ、問題点の解決をしっかり考え抜いたうえで、チーム一丸となって丁寧なプレゼンテーションを心掛けていました。

    優勝は、フリーマーケットを企画したチーム「チキン」で、寺園院長から、賞状、院長杯、記念品が贈られました。

    IMG_5351.JPG

    〔優勝したチーム「チキン」のみなさん〕
    IMG_5358.JPG

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求