• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2016年
    01月16日

    【ゼミの活動紹介】 世界各地の料理を実際につくってみました

    「現代文化基礎演習」(田中ゼミ2年)では、異文化理解をテーマにしています。毎年、教科書にしている新書の内容を分担して要約し、まとめて発表することと並行して、興味のある世界の食文化について調べ、考えたことを発表するということを行なってきました。

    今年度の学生たちは以下のようなテーマの発表を行いました。
    • ○「メキシコ料理でトルティーヤがたくさん使われる背景」
    • ○「こってりしたフランス料理を食べるフランス人女性がスリムなのはなぜか」
    • ○「ベラルーシがジャガイモ消費率世界一の理由」
    • ○「スペインで食べられている祝祭日のお菓子」
    • ○「実はタイではマイナーな、世界一おいしいといわれるマッサマン・カレー」
    • ○「ヴェトナムのコーヒー文化の背景にある歴史と文化の交流」など
     
    さらに2014年度からは、学内にある調理実習室を利用し、自分たちが調べた世界の料理を実際に作り、試食することにもチャレンジしています。

    Photo1.JPG

    調理実習室の先生にもアドバイスをいただきながらがんばりました。

    Photo2.JPG

    今回作った料理は以下の通りです。
    • ○ドラニキ(ジャガイモを使ったベラルーシ風パンケーキ)
    • ○アヒージョ
    • ○チーズフォンデュ
    • ○ロヒケイット(フィンランドのサーモン入りスープ)
    • ○水餃子
    • ○オムレツ
    • ○クレマ・カタラーナ
     
    みんなが作ったのを食べてばかりでは悪いので、教員もキョフテ(トルコ風肉団子)などを作りました。

    Photo3.JPG

    Photo4.JPG

    現地通りの味を再現できるとは限りませんが、遠くて気軽には行けない海外の文化に触れる良い機会となりました。

    Photo5.JPG
     

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

     

     

     

    2015年
    12月18日

    エアライン研修 福岡空港見学

    2月に東京羽田空港で実施する研修の事前授業が始まっています。 
    gen_20151218_01.jpg

    この日はANA福岡空港支店のご案内で、1~3年の27名が空港内を見学しました。 まずは、カウンター業務です。 実際のカウンターで、仕事の手順などを教わります。
    gen_20151218_02.jpg

    搭乗時刻のご案内にも挑戦しました!情報が明確に伝わるだけでなく、声を聞いただけで緊張がほぐれるようなアナウンスにしなくてはいけません。 
    gen_20151218_03.jpg
     
    皆さんお上手ですねと、褒めていただきました。

    gen_20151218_04.jpg


    運航の管理をする部署も見学しました。飛行機が安全に定刻で出発するのに必要な情報が集まってくるところなので、みんなの表情も引き締まります。
    gen_20151218_05.jpg

    さまざまな専門部署の人々がつながりあって飛行機が飛び立つ。空港業務の奥深さを学びました。
    gen_20151218_06.jpg
     

    現代文化学科オリジナルの科目「エアライン研修」は、航空業界の知識を広く身につけ、最後に羽田空港で研修を受けられる人気の科目です。研修をきっかけに、航空業界や、広く観光産業への進路を決めていった卒業生も少なくありません。 ​ここまで読んでくださったあなたも、夢に向かって一緒にtake off(離陸)しませんか!
    gen_20151218_07.jpg

    2015年
    11月15日

    ホテル研修事前授業 接遇・ビジネスマナー講座

    2月に沖縄万座ビーチで実施するホテル研修の事前授業が始まっています。この日は接遇・ビジネスマナー講座がおこなわれました。講師は長年に渡って航空会社で客室乗務員の指導をおこなってきた田中丸先生です。本学の「観光文化論(航空産業論)」でもおなじみの先生です。

    IMG_5578.JPG

    前半の講義のあとは、教わったことを実践していきます。まずは歩き方の指導。

    IMG_5611.JPG

    他にも正しい立ち方、座り方、お辞儀の仕方、挨拶の仕方などを具体的に学んでいきます。

    IMG_5603.JPG

    ほどよい緊張感のなかにも、ときおり笑顔がまじり、楽しく充実した授業でした。今年は1年生と2年生合計24名が参加しています。沖縄でのホテル研修まで3か月。受講生の成長が楽しみです。

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

     

     

     

    2015年
    11月04日

    「観光文化論(文化政策論)」 日田市豆田町での学外授業

    「観光文化論(文化政策論)」では、地域にとって大切な資源である歴史や文化の保存や活用について学んでいます。先日、大分県日田市の豆田町を訪問し、学外授業を実施しました。

    IMG_5512.JPG

    重要文化財である草野本家では、修理現場を見学する貴重な機会があり、修理担当者の方からお話を伺うことができました。

    日本遺産に選定された咸宜園では、「歓迎 福岡女学院大学様」の文字が!

    IMG_5531.JPG
     

    咸宜園の歴史や咸宜園教育研究センターの施設について、担当者の方からレクチャーを受けました。

    IMG_5541.JPG

    観光や一般の見学だけでは見ることや知ることのできない多くの貴重な成果があり、有意義な研修となりました。

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

     

     

     

    2015年
    10月30日

    ヨーロッパの世界遺産をめぐる研修旅行 <チェコ>

    現代文化学科では、学内での学習のほかに、学外でのフィールドワークを数多くおこなっています。9月に実施した「フィールドワーク現代文化(欧米)」の模様を学生レポートよりご紹介します。


    ヨーロッパの世界遺産の魅力に触れるフィールドワークに参加しました。今回はチェコ、ドイツ、ベルギーを訪問しました。私は、チェコについてレポートします。
    チェコの首都プラハは街全体が世界遺産ということで、実際に行ったからこそその素晴らしい光景を見ることができました、言葉にできない感動を研修中ずっと味わうことができました。

    IMG_2573.JPG
     

    プラハは、石畳の道が迷路のように入り組んでいて、まさに私がイメージする中世のヨーロッパでした。
    プラハの中心とも言える旧市街広場は、旧市庁舎やゴシック様式のティーン教会などが立ち並び、歴史を感じることができました。


    IMG_2398.JPG


    天文時計、プラハ城から、プラハの街全体を見下ろすことができたのですが、どちらから見る景色も、赤瓦屋根が本当に絵葉書のように綺麗でした。


    IMG_2455.JPG


    私がとても行きたかった一つでもあるカレル橋は、ヴルタヴァ川に掛かるプラハ最古のゴシック様式の石橋です。幅10メートル全長250メートルの橋が、雲一つない空のもとどっしりと構えていて、その光景は写真で見ていたのとは比べ物にならないくらい素晴らしく、かっこよくて圧倒されました。


    IMG_2493.JPG


    今回のフィールドワークでチェコにいたのは二泊三日でしたが、チェコからは一生の思い出になる感動をたくさんもらいました。フィールドワークで学んだことを日常生活に活かしながら毎日を過ごし、また必ずチェコに行こうと思います!!! (3年 本多さん)

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

     

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE