• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2014年
    02月28日

    【学生の研究活動】 福岡の夜の風物詩・屋台の研究

    旅行に出かけ、旅先の土地柄を味わうことは観光の醍醐味の一つです。福岡の土地柄を味わうには屋台は外せません。その数は日本全体に存在する屋台の約半数を占め、現在、福岡市内で営業する屋台は154軒と多く、福岡市は日本有数の屋台王国です。観光関係者はこの「屋台王国」の魅力を旅行者誘致に役立てようと知恵をしぼっています。そこで、私たちは「夜を彩る文化――福岡・屋台の今とこれからを探る」と題して研究をしました
    gen_20140225_01.jpg

    そもそも、屋台は戦後から、地元住民の生活の場として親しまれていました。地元住民にとって屋台は欠かせない文化であり、あることが当たり前で日常の風景の一部のような存在です。そして、観光客は地元住民の生活の場を利用して地域らしさを味わいたいと、屋台に訪れます。

    しかし、屋台が観光客に人気を得る一方で、観光資源としての屋台の未来を脅かす問題が発生します。その問題とは、屋台の観光化です。観光客が増加するに伴い、屋台は庶民のものではなく観光客向けの店となりつつあります。観光化が生じることで、地域らしさは薄れ、観光資源としての魅力さえも失われていくのです。そこから、私たちは「観光資源としての屋台」「交流」「地域住民」をキーワードに研究を進めました
    gen_20140225_02.jpg
    研究活動は辛いことばかりの連続で、常に屋台のことで頭がいっぱいでした。屋台という題材は大衆に広く認知されている上に、多くの人に研究し尽くされています。その為、内容をいくら練っても、ありきたりな内容となり、人々に驚きと感動を与えることは無理なのではないかと思い悩んでばかりいました。

    そこで私たちは、既に調べ済みのデータばかりに頼るのではなく、自らの足で積極的に屋台に通いました。自らの体験で得た情報は説得力があり、インターネット内の情報と比べても、よりタイムリーでリアルな情報として聴衆に伝えることができます。また、屋台は福岡の美味しい食事が味わえるとして人気ですが、屋台の真の魅力はそこにはありません。屋台の魅力は人々の交流の中に生まれる温もりにあるのです。その点を伝えるためにも、体験話は絶対に外せませんでした。

    この大会を通して、私たちは多くの学びを得ることができました。文章力や表現力、プレゼン能力などもそうなのですが、私たちが最も成長したと感じるものは、コミュニケーション能力やチームワーク力です。ひとつのものを作り上げるのに、何度も朝まで話し合い、ぶつかり合いながらも、お互いが納得いくまで議論をし続けました。また、実地調査を行う際は、知らない人にインタビューをしました。この大会への参加がなければ、このような貴重な体験はできなかったと思います。
    gen_20140225_03.jpg
    この論文の完成は多くの人の協力があってこそです。高岡先生を始めとする先生方や高岡ゼミのメンバー、また、友人や家族、福岡の屋台の大将たちや常連さんなど沢山の方々に支えていただきました。便利な世の中となった現代で、失われつつある人々との深い絆や、周りの人への日頃の感謝の気持ちなどを、再び私たちの心に思い起こさせてくれました。この大会で得たことの全てが人生の糧となり、これからも私たちと共に生き続けていくでしょう。(3年 吉田さん)
    gen_20140225_04.jpg
    ▼現代文化学科Facebook
    http://www.facebook.com/fukujogendai

    2014年
    02月14日

    【ゼミの学外調査】博多で「昔」を見つけよう

    高岡ゼミ(2年ゼミ)では毎年、「まち歩き」をテーマに博多をフィールド調査します。
    博多は福岡で暮らす私たちにとっては身近な街ですが、普段はつい見落としてしまう魅力が実はたくさん詰まっています。それを発見する旅が「まち歩き」です。

    20140214_01.jpg

    この日はまず中洲川端商店街から櫛田神社を通り、博多町家ふるさと館まで歩きました。昔ながらの町家や路地、レトロな人力車や雑貨などに出会い、いつもとは違う博多を見つけます。

    20140214_02.jpg

    その後、古いお寺の残る御供所エリアを歩きます。「まるで京都に来たみたい」と学生たちも興奮ぎみ。

    20140214_03.jpg

    まちを歩いていると老舗の和菓子屋さんや地域のアンテナショップ、最新のデザイナーズショップなどにたまたま遭遇します。そんないくつもの偶然の出会いがまち歩きの最大の魅力ですね。「こんなに歩いたのは久しぶり」「もう足が動かない~」という声もちらほら。次はもっとハードな長崎でのまち歩きが待っています。さて、どうなることやら...。


    ▼現代文化学科Facebook
    http://www.facebook.com/fukujogendai

    2014年
    02月13日

    【学生の研究活動】歴史都市としての福岡

    現代文化学科3年生の研究チームが論文大会に出場し、全チームが優秀賞を獲得したことは以前にお知らせした通りです。
    2013年11月17日『学生の研究が学会で表彰されました!』

    各チームの研究内容や研究にあたって学んだことなどをリーダーに振り返ってもらいます。


    20140213_01.jpg

    福岡といえば「おいしい食べ物や商業施設が充実している」などが思い浮かぶと思います。しかし、歴史都市というイメージはありますか?そこで私たちは「福岡は歴史都市となりえるのか?」と題して発表をしました。この論文大会の活動を通して学んだことが3つあります。
    まず、団結する力です。チームで論文を書くので、常に集まることを心掛けました。まず章ごとに役割分担をし、個々で論文とパワーポイントを作成しました。毎日連絡を取り合い、1人が来れなければ2人で作業をし、どうしても集まれなければ各自が自宅で作業をし、次の日みんなに見てもらうようにしました。気になるところは全員で一緒に手直しをしながら論文を完成させていきました。また、私たちのチームには中国人留学生のCさんがいました。毎日が国際交流で、日本語は単語と単語が繋がるとイントネーションが変わり、話し言葉と発表の際の言葉も違うので、イントネーション練習の時間をとりました。この時間のおかげで毎日当たり前に話している日本語の難しさを再確認しました。留学生はこういうところが分からないから、どう伝えたら理解出来るのだろうかと、Cさんがいなかったら気づけない部分が沢山ありました。また、私たちは発表でCさんの中国語を活かせる箇所を作ったのもこだわりです。

    20140213_02.jpg

    次に、仲間の大切さです。私自身、人それぞれ価値観があるのでチームで論文を書くと喧嘩になり大変なのではないかと思っていましたが、自分にはないアイディアを出してくれたり、おかしい部分を訂正してくれたり、1人では気づけなかったことを教えてくれました。毎日夜遅くまで残ったり、徹夜で作業する日も続き、本番2週間前に体調を崩してしまいました。それぞれ焦っているはずなのに、「ゆっくり休んでいいよ。」と言ってくれて本当に嬉しかったし、人の温かみを感じました。

    20140213_03.jpg

    最後に何があってもあきらめない心です。私たちのチームは早くに"大河ドラマと地域活性化"というテーマで論文の流れも決めていましたが、先生から「ひねりがない。おもしろくない。」と言われ、本当にこの論文テーマでいいのかと悩みました。悩んでいる間にも他のチームはどんどん進んでおり、焦りを隠せませんでした。新しい案で決定し、いざ市役所に聞き取り調査へ行くと、自分たちが考えていたものと違うことを言われてしまい、論文提出2週間前にすべて白紙になりました。この時は本当に逃げ出したかったし、本当に完成するのか心配でたまりませんでした。最終的に、"大河ドラマ"から"歴史"というキーワードが思いつき、"福岡は歴史都市となりえるのか?"というタイトルで決定しました。すべてを壊して新しいものを作ることは凄く大変で勇気のいる作業でしたが、あの時諦めずに頑張ったからこそ、本番ではいい発表ができ、「面白い題材だね」と評価してもらい、優秀賞を取れたのだと思います。

    20140213_04.jpg

    ▼現代文化学科Facebook
    http://www.facebook.com/fukujogendai

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE