• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2012年
    09月30日

    国際映画祭でのインターンシップ(業務体験)レポート

    私は中国・山東省から福岡女学院大学に留学しています。国際交流について興味を持ち、国際人を目指している私が長い夏休みの8日間を利用してインターンシップ生としてアジアフォーカス福岡国際映画祭に参加させていただきました。

    インターンシップの内容は、主にゲスト、運営、広報三つの仕事です。アジア各国の俳優さんや監督さんを案内して福岡市内の観光地を見回りました。下手な日本語で台湾、シンガポールから来られたゲストたちに通訳できて達成感が感じられましたが、みんな英語もしゃべられて驚きました。日本語の能力を高める覚悟できました。運営は一番お客に接することができる仕事で、チケットをもぎったりお客様を会場へ案内したり、それにチケットの購入方法を教えたりしました。

    IMGP0993.JPG

    ゲストやお客様に映画祭を心から楽しんでいただけるよう、親切丁寧な対応を心がけました。アジアフォーカスのスタッフとしての責任感を負ってお客さんに対して精一杯サポートしました。広報は映画を見て感想を広報する仕事で、台湾、フィリピン、シンガポール、トルコ、パキスタン、韓国、中国などアジア各国映画を見ることができました。一番印象的なのは、パキスタンの「BOL~声をあげる」という映画をみてパキスタンの文化がわかりました。私たちが家族と一緒に幸せで安定した生活を過ごしているのに対して、パキスタンでは毎日、家族殺しが起こっているのが普通なのです。パキスタンの女性社会での地位、同じアジアなのに、何で違うの、私たちが知っている世界の外では、いったい何が起こっているのでしょうか。さまざまな疑問が浮かびました。映画の上映後に観客からパキスタンの監督さんにいっぱい質問が寄せられ、監督さんがぺらぺらな英語でみんなの質問に丁寧に答えていました。どのお話もとても勉強になりました。映画を見てその国の文化、生活習慣、宗教、国民性などを知り、国際交流の目標ができました。パキスタンの監督と通訳される女性は英語が上手でとても感心しました。各国の人々と接するうち、英語が非常に重要な言語であると実感しました。

    IMGP1038.JPG

    立派な社会人を目指している私が今回のインターンシップを通して自分の欠点もう一回見直すことができ、今の私と本当の社会人を対比して、まだまだ未熟で謙虚に勉強することが必要だと思いました。その格差を縮めるためにあと残りの大学の生活の中で今から何を取り組むべきかを見つけて、その目標を設定して前に進んでいこうと思います。学校から用意されたインターンシップという制度は、後輩たちもぜひ利用してください。自分に対してとても貴重な経験になるので、自分の考えも夢も意外に新たな発見ができると思います。(2年 チさん)

    2012年
    09月20日

    JTB九州でのインターンシップ(業務体験)レポート

    夏休み中の5日間、JTB九州福岡支店にてインターンシップをおこなう現代文化学科独自のプログラムに参加しました。私はもともと旅行関係の仕事に就きたいという思いがありましたが、実際にどのような仕事を行っているのかはよく理解していなかったので、この機会に学ばせていただこうと思い、インターンシップに参加しました。

    研修の始め2日間は、JTBの会社概要を説明していただいたり、様々な社員の方からそれぞれの『課』の仕事について詳しく教えていただいたりと主にお話を伺いました。

    3~5日目は実際に旅行の行程を作成したり、領収書や書類に印鑑を押したり、パンフレットを見ながらプランを考えたり、学生のクラブ旅行のパンフレットを詰めたりなど、作業をさせていただきました。他にも、新幹線の切符の発行の仕方を教えていただき、また最終日には、新入社員の方たちから社会人についての話や、就職活動のアドバイスもしていただきました。

    このインターンシップを通して、私が感じたことは主に2つあります。1つ目は、自分が想像していた仕事内容と実際は違うということです。研修の前までは、旅行会社=カウンター業務というイメージが強かったけれど、実際は営業が主でした。カウンター業務も他の支店ではもちろんありますが、福岡支店さんは団体や企業、学校を扱っているので営業ばかりでした。今まで私は営業という職種に全然興味がなく、したくないという思いが正直ありました。しかし、今回の研修で実際に仕事の様子を見させていただいたり、説明していただいたりして営業のよさも知ることができ、今までのイメージも変わりました

    2つ目は、社会人と学生の違いです。研修先の課長さんから「課題解決型の人が強く求められる」と言われました。自分で積極的に課題を見つけ、取り組み、解決できる人材が必要だという話をうけ、社会人ではいかに自分で瞬時に判断し、行動していくかが大切だと思いました。また、学生とは違って社会人になると仕事ができることに加えて、効率のよさも求められるので、時間の使い方の大事さも感じました。

    今回の研修を終えて、これからの残りの学生の間に自分がどう過ごせばいいのか、どのような力を身につけなければいけないのか、ということを考えることができました。この研修で習得したことを、残りの学生生活や就職活動に生かしていこうと思います。また、私のように実際に体験しなければ分からない部分もたくさんあるので、ぜひ多くの方にこのような制度に積極的に参加してもらいたいと思いました。短い期間でしたが参加できて本当によかったです。(3年 馬場さん)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE