• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 現代文化学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 現代文化学科

    人文学部 現代文化学科Today 一覧

    2017年
    12月05日

    【インターンシップ報告】株式会社JTB九州福岡支店でのインターンシップ

    現代文化学科の観光文化分野では「文化」をキーワードに、「観光」や「旅」について学びます。大学での学びだけでなく、より実践的なプログラムとして、企業での業務体験(インターンシップ)を学科独自のプログラムとして実施しています。今回は、2017年度夏休みに株式会社JTB九州福岡支店様でのインターンシップを経験した学生のレポートをご紹介します。

    K.S.さん 3年
    株式会社JTB九州福岡支店様にてインターンシップをさせて頂きました。旅行業界には小さい頃より興味がありましたが、今一度、このインターンシップを通して実際の業務や働かれる社員の皆様の姿を拝見し、今後の将来について見つめ直したいと思い参加しました。
    今回インターンシップに参加するにあたり、私が設定したテーマは3つありました。1つ目は、以前より興味のある旅行業界を、企業を通じてより深く知ること。2つ目は、研修先でもある福岡支店様にて仕事はどのようなものか知り、現場で働く社員の方々に質問し、聞いて、考えること。そして3つ目は、この機会を通して、今後自分がどの様な仕事をしたいのかを考えること。この3つのテーマを軸にし、5日間研修を行いました。
    5日間のインターンシップの内容は非常に濃いもので、様々な社員の方が親身になって業務の説明や仕事でのやりがいなどを教えてくださいました。業務内容は主に法人営業に関わるものでした。私がイメージする旅行会社の仕事は、店舗でのカウンター業務だったこともあり、今までその存在が見えていなかった部署の業務であること、また教育機関や企業などの団体の方々がお客様ということもあり、とても新鮮でした。お客様とともにプランを練っていくことを通して、既存の商品には無い新しいサービスを提供できる面白さや、営業に関する説明資料の作成や手配といった地道できめ細かい作業の大変さなど、実際の現場に行かないと感じられないことが沢山ありました。今後の職業観について考える良いきっかけになりました。
    インターンシップを終えて、旅行業界とはどういったものかを学ぶことが出来た一方で、お世話になったJTB九州様の魅力を新たに知ることも出来ました。関係各所とのつながりをコツコツ築き上げ、大切にすることによって、お客様にとって最高のサービス・旅が提供出来るのだなと実感しました。こういった信頼を築き上げる為には、コミュニケーションが最も重要なのだなと気付きました。
    今回のインターンシップで得たことを生かしながら、今後はより一層業界研究や語学の勉強に励むつもりです。また、日頃から年齢関係なく様々な方と接するなかで、コミュニケーション能力を磨いていきたいと思います。

     

    2017年
    07月25日

    【インターンシップ報告】ANAセールス九州支社でのインターンシップ

    現代文化学科の観光文化分野では「文化」をキーワードに、「観光」や「旅」について学びます。大学での学びだけでなく、より実践的なプログラムとして、観光に関わる企業様での業務体験(インターンシップ)を学科独自のプログラムとして実施しています。2017年の春休みに実施された旅行会社ANAセールス株式会社九州支社様でのインターンシップを経験した学生のレポートをご紹介します。

    U.A.さん 3年
    私がインターンシップに参加した理由は、2つあります。1つ目は、以前から旅行業界に興味があった為、自分の目で見て学び、知識を増やしたいと思ったからです。2つ目は、他の学生よりも早く、約1年後に待ち構える就職活動へのモチベーションをあげたいと思ったからです。
    インターンシップでの活動内容としては、各部署(総務、インサイド、営業、予約販売など)の仕事の理解、電話対応の傍聴、営業の同行などがありました。最終日には、ANAのパッケージを使ったオリジナルの旅行を組み立てました。
    私は、インターンシップに参加するまで旅行業界と航空業界の関係性や、旅行業界と様々な企業の関係性などをほとんど知りませんでした。しかし今回インターンシップに参加したことで、自社グループで航空機を持つANAセールス株式会社と他の旅行会社との違いも含め、多くのことを学ぶことができました。
    また、社会に出て働くことの大変さ、責任の重大さを学びました。更に、ANAセールス株式会社には様々な部署があり、部署によってもそこで働いている方々が個人的に気を付けていることがそれぞれで、非常に興味深かったです。
    そして、お昼は社員の方々と一緒に昼食を取りながら様々なお話を伺う中で、会社の雰囲気も知ることができ、大変魅力的に感じました。将来、どのような企業に就職するにせよ、英語は大切だと再確認できると共に、世の中に常に目を向けることが重要であると分かり、意識が高まりました。この貴重な経験で得たことを忘れずに、今後も興味を持ったことにはどんどんチャレンジしていきます。


    M.Y.さん 3年
    私にとって初めてのインターンシップだったので、会社で働くということはとはどのようなものかを知ることと、就職活動に対する意識を高めることを目標としました。なかでも、実際に業務を体験させていただいたことは大変勉強になりました。特に印象に残っていることは、営業に同行させていただいたことと、予約販売の電話での接客を聴かせていただいたことです。
    営業同行では、複数の旅行会社、企業に伺いました。営業という言葉はよく耳にしますが、実際にどのようなことが行われているか詳しく知らなかったため、全てが新鮮に感じました。訪問した旅行会社では、自社パンフレットの陳列やポップを貼ること、パンフレットの部数の確認などを体験しました。さらに、旅行会社の方のお話も伺うことができ、大変貴重な時間でした。企業への営業同行を通して、自社商品をより多くの企業に使ってもらうための努力であることを知りました。また、相手の会社との関係を良好に保つため、日頃の情報収集やコミュニケーションの取り方などの様々な工夫が大切だということも学びました。
    予約販売部の業務体験では、国内担当の方と海外担当の方に分かれており、どちらもとても丁寧でわかりやすい接客の仕方に感銘を受けました。電話は相手の顔が見えない分難しいコミュニケーションツールですが、それを感じさせない程でした。
    インターンシップを通して、ANAセールス株式会社九州支社ではどの部署でもお客様に満足してもらうという大きな一つの目標を持ち、その目標のためにチームワークを大切にしながら会社が成り立っていると感じました。今回のインターンシップを経て、航空業界や旅行業界への興味がさらに深まったと同時に、就職活動に向けて、他の興味ある業界について仕事内容や会社について研究を重ねることが大切だと感じました。この体験を十分に活かし、残りの学生生活をより有意義なものにしたいと思います。

    インターンシップ写真4.jpg
     

    2015年
    05月19日

    【インターンシップ】 福岡国際映画祭(アジアフォーカス)

    現代文化学科の交流文化分野では、国際交流を推進しています。福岡市が主催する福岡国際映画祭(アジアフォーカス)にスタッフとしてかかわるインターンシップ(業務体験)に参加した学生のレポートを紹介します。
     
     
    現代文化学科が行うインターンシップでアジアフォーカス福岡国際映画祭に参加しました。現在、私は国際交流について興味をもっており日本と欧米の比較をしています。しかし欧米だけでなく、アジアとの交流に目を向け、何か新しい国際交流のあり方を見つけることを目標として、今回のインターンシップに参加しました。
     
    IMG_3747.JPG
     
    インターンシップの内容はゲスト、運営、広報の三つで、私はその中のゲストと運営の業務をしました。ゲストでは監督や出演者などアジアからのゲストの方々の対応が主で、FAMツアーという福岡の町を案内するツアーにも参加しました。最初はなかなか話しかける勇気がなかったのですが、ボランティアの方々が背中を押してくださって、下手な英語ですが対応することができました。また、運営では劇場でお客様をご案内することが主な仕事でした。映画祭に毎年足を運んでくださっているお客様も多く、そのように市民に待ち望まれた映画祭に携わることができてとてもやりがいを感じました。また、お客様に心から楽しんでいただけるように丁寧な対応を心がけました。

    IMG_3749.JPG
     
    ボランティアとして参加されている方々には、以前は海外で働いていた方、海外に住んでいた方などが多く、そのときに起こった出来事や経験談など、とても学校生活では聞くことができないお話を仕事の合間にたくさん聞かせていただきました。そのような交流の中で自分の視野を広げることができたと思う一方、自分の視野の狭さに改めて気づかされました。私は今回このような機会を学生のうちに持つことができて、本当に良かったと思います。ゲストや運営の仕事だけではなく、ボランティアの方々との交流でも勉強になることが多く、とても充実したインターンシップだったと感じています。このインターンシップで学んだことを今後の学生生活や就職活動に活かしていきたいと思います。(轟さん)

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

    2015年
    02月25日

    【インターンシップ】 旅行会社JTB九州

    現代文化学科の観光文化分野では「文化」をキーワードに、「観光」や「旅」について学びます。大学での学びだけでなく、より実践的なプログラムとして、企業での業務体験(インターンシップ)を実施しています。旅行会社JTB九州様でのインターンシップを経験した学生のレポートを紹介します。
     

    大学入学当初から旅行業に興味があり、業界のことをもっと知りたいと思い資格取得などに取り組んでいましたが、実際に働いている方々の姿や声を聞きたいと思い、今回のインターンシップへの参加を決めました。そこで私が今回のインターンシップにおいて設定した目的は3つあります。1つ目は、自分の興味のある業種を企業を通じてより深く知ること、2つ目は、仕事とはどんなものなのか、自分なりの職業観を考えること、3つ目は、就職活動を目前とした今、自分の将来について見つめなおすことです。この3点を意識しながら参加しました。

    IMG_5070.JPG

    まず、1~3日目は主に会社概要、具体的な仕事内容の説明をしていただき、社員の方々の業務の補助をさせていただきました。具体的には、書類の印鑑押しや、お客様への送付資料の準備、パンフレットのコピーなどを行いました。私が伺った教育旅行センターは主に学校や企業様などの団体様をお客様としており、営業へ行き、プランを提案し、手配担当の方が手配を行うという流れでした。旅行会社はプランを考え手配するといったイメージしかない人がほとんどだと思いますが、営業や説明資料の準備など細かいコツコツとした作業も多く、このようにコツコツとした業務があるからこそお客様の心に残るものが提供できるのだと感じました。また、国内、海外旅行手配の担当の方とお話をさせていただく機会があったのですが、どの社員の方々も交通機関の座席やホテル、時間帯など、私たちがそんなところまでと思うような細かいところにまで気を配り、お客様一人一人のことを考えてお仕事されている姿を拝見しとても感激しました。その姿を目の当たりにしたととき、私も将来はお客様のことを第1に考える素敵なサービスができる、そんな仕事がしたいと自分なりの職業観について考えるきっかけとなりました。

    IMG_5069.JPG

    4~5日目は主に国内、海外旅行の旅行行程の作成を行いました。私たちが普段利用している旅行会社の旅行プランというのは、お客様が楽しめるものであるのはもちろんのこと、安全面、スムーズに行程を進めるための細かいタイムスケジュールなど、行程を作成する立場からでしか知ることのできない気付きも多くありました。

    この5日間のインターンシップを通して、実際の現場や働いている方々を拝見し、旅行会社についてより知ることができ、自分が将来どのような業界でどのような部署でどのような仕事をしたいのか考えるよい機会となりました。また、今回のインターンシップに参加させていただき、強く感じたのは、コミュニケーション能力の重要性です。私が伺ったのが営業の部署であったこともありますが、お客様との対話、ビジネスを進めていく上でとても重要だと感じました。コミュニケーション能力というのは、様々な多くの人との関わりの中で築いていけるものです。残りの大学生活、自ら積極的に行動しコミュニケーション能力を磨いていきたいと思います。(3年 今村さん)

    ▼現代文化学科facebook
    https://www.facebook.com/fukujogendai
     

    2014年
    11月26日

    【インターンシップ】旅行会社ANAセールス

    現代文化学科では、旅行業界を中心に学科独自のインターンシップ(業務体験)を実施しています。ここでは、インターンシップに参加した学生によるレポートを紹介します。



    5日間、ANAセールス福岡支店にて現代文化学科が独自で行うインターンシップを体験しました。今回インターンシップに参加するうえでテーマを設定しました。私は将来旅行業界に進みたいと考えている為、様々な部署の業務を体験し、社会人として求められる力を学ぶことをテーマに設定し、インターンシップに参加しました。

    1日目の午前中は、総務部で会社概要や旅行会社と航空会社の2つの面を持っている会社だということなどを説明してもらいました。午後からは、旅行会社の面を主にもつ国内予約販売課と海外予約販売課でお客様や旅行代理店からの電話をモニタリングしました。2日目は、第一販売課で業務説明後、旅行代理店へのセールスに同行しました。3日目は、予約サポートデスクで国内予約販売課や海外予約販売課が予約を受けた旅行商品の発送業務を実際に行いました。4日目の午前中は、法人販売課で業務説明を受け、午後からは顧客販売課で業務説明を受け、団体旅行の工程表を実際に作成し、その後振り返りや指摘を受けました。5日目は、研修レポートを作成し、総務課の方と意見交換会を行いました。

    私は、将来旅行業界に進みたいと思っていましたが、旅行業界のイメージは旅行代理店のようなカウンター業務だと思い込んでいました。今回のインターンシップでカウンター業務以外にも様々な業務があり、どれもやりがいのある仕事だと感じました。各部署が異なる業務をしているにも関わらず、目指すのは「ANAグループのファンを増やす」という1つの目的だということを肌で感じました。そのような社員の方々とお話をして私自身もANAグループのファンになってしまいました。また、昼食をご一緒することができ、業務以外でもたくさんお話する機会があり、学生のうちにたくさんのことを経験しなければならないと感じました。様々な地域を観光し、視野を広げ、たくさんのことを吸収することが重要だと学びました。

    今回このような経験ができたことを大変誇りに、そして役立て残りの学生生活を有意義なものにしたいと思いました。(3年 日高さん)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE