• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. Q&A

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学 英語科 Q&A

    コースについて

    • それぞれのコースに人数や成績による制限はあるのですか?

      イマージョンコースを除いて制限はありません。誰でも希望するコースに入ることができます。
      (イマージョンコースに入るにはTOEIC®550以上を取得する必要があります。)

    • 自分が所属するコース以外のコースで開講されている科目を受講することはできますか?

      原則、受講することができます。ただし次の制限があります。 アカデミックインテンシブコースで開講される「Advanced Speaking A」「Theme Writing A」、メディアイングリッシュコースの「English with Mobile Devices」「Oral Presentation」、エアライン・ツーリズムコースの「English for Tourism A」「同B」は他コースからの受講ができません。また、時間割の都合で選択できない場合があります。その場合は2年次の後期に選択することができます。

    • 1年次と2年次で異なるコースを選ぶことはできますか?

      1年次と2年次で異なるコースを選ぶことはできません。
      1年次後期に選択したコースに卒業まで所属し、自分の専門分野について学びます。

    • 同時に2つ以上のコースに所属することはできますか?

      所属できるコースは1つに限られます。

    • エアライン業界に進みたい場合,エアライン・ツーリズムコースを選択するのと、他コースを選択して、「エアライン講座」を受講するのとどちらがよいでしょうか?

      どちらがよいとは一概に言えません。エアライン業界に就職するためにTOEIC®のスコアが一定上求められるなどの条件がある以外は、特定の資格が必須というわけではありません。エアライン・ツーリズムコースでは、観光英語やホスピタリティについて学ぶことができますので、エアライン業界で将来に役に立つと思われる基礎的な知識を学ぶことができますが、採用条件になる高い英語力や、企業が求める汎用的技能は他のコースでも十分に磨くことができます。コースを選択する際には学びたいことを優先してください。

    • 「旅程管理主任者」資格を取得する場合、エアライン・ツーリズムコースでしか取得できませんか?

      他コースに所属していても取得できます。(「旅程管理主任者について」をご覧ください。)

    旅程管理主任者について

    • 「旅程管理主任者」とは何ですか?

      一般に「ツアーコンダクター」や「添乗員」と呼ばれている職業です。
      旅行会社が企画し販売しているパッケージツアーなどに同行し、旅行計画に従ってツアーが安全かつ円滑に運行されるように各関係機関と調整しながら現場で対応し、管理する責任者を指します。

    • 「旅程管理主任者」資格とは何ですか?

      「旅程管理主任者」という国の認定資格です。旅程管理主任者には、国内のみ添乗が認められる
      「国内旅程管理主任者」と国内・海外両方に添乗が可能な「総合旅程管理主任者」の2種類あります。
      「基礎研修」「指定研修(修了テストあり)」を受講し、さらに指定研修修了前後1年以内に「旅程管理実務研修旅行」に参加することで、資格を取得することができます。

    • 「旅程管理Ⅰ・Ⅱ」の科目を履修すると、「旅程管理主任者」資格を取得できるのですか?

      福岡女学院大学短期大学部の授業、「旅程管理Ⅰ・Ⅱ」を履修することで、「基礎研修」を修了することになり、次のステップである「指定研修」「実務研修」に進むことが可能となります。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE