• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 教員紹介

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部現代文化学科

    教員紹介

    ピックアップ教員

    副学長

    細川 博文 教授

    学位:Master of Science
    出身大学:University of Oxford
    担当科目:「英語科教育法」

    応用言語学、認知言語学

    認知言語学の研究が進み、認識とことばの関係が随分分かってきました。こうした成果を英語教育に応用し、学習者が第二言語をどのように習得するのか、またそれを助ける効果的な指導法は何かといった問題に取り組んでいます。

    『SELECT READING 日本語版指導の手引き』(オックスフォード大学出版)
    『Graded Reading Programs』[共著](オックスフォード大学出版)
    『英語教育学大系 第10巻』 [共著] 第15章執筆、大修館書店、2010年
    福岡女学院高等学校 文科省SELHi事業アドバイザー 2003年~2009年
    西南女学院高等学校 文科省SELHi事業アドバイザー 2005年~2008年
    山口県教育委員会英語教員指導力向上研修(講師)

    学科長

    川端 清隆 教授

    学位:MA in Political Science
    出身大学: Columbia University
    担当科目:「International Exchange」

    政治学、元国際連合政治局政務官

    『イラク危機はなぜ防げなかったのか』 岩波書店 2007年
    『アフガニスタン国連和平活動と地域紛争』 みすず書房 2002年、
    『PKO新時代 国連安保理からの証言』 岩波書店 1997年

    櫻田 陽一 教授

    学位:PhD (in Engineering)
    出身大学:東京大学大学院
    担当科目:Intercultural Communication

    国際協力論、開発経済学

    東南アジア、南西アジア、アフリカをはじめとする発展途上国の経済成長と産業構造の分析、及び各国の経済発展に資する我が国の役割について、グローバルな産業・経済論の視点からの研究に取り組んでいます。

    【著書】

    • 1.“Africa, Transport and the Millenium Development Goals”「共著」、Cambridge Scholars Publishing、2009年
    • 2.“Guidelines for Roadside Stations – MICHINOEKI -"「共著」、The World Bank Publishing、2004年
    • 3.『新世代交通システム(FITS) 交通問題解決と豊かな生活創造に向けて』「共著」、山海堂、2001年

    【論文】

    • 1.“Some Findings from Probe Rickshaw Data in Dhaka, Bangladesh”「共著」、交通工学研究会、2011年
    • 2.「複数のCVサーベイに基づく地球温暖化の社会的費用原単位の試算」、「共著」、運輸政策研究機構『運輸政策研究』Vol.2、NO.4、2001年
    • 3.「アフリカにおける交通とMDGsに係るシンポジウム講演論文」、コーネル大学、2007年
    ベトナム国家大学経済校 短期非常勤講師、2014年12月〜2015年3月

    Daryl Sherriff 教授

    学位:B.sc.(Hons) Philosophy
    出身大学: University of Wales(Swansea)
    担当科目:「Language and Thought」

    Philosophy(Philosophy of Language; Semantics: understanding meaning); Linguistics

    Philosophy of language is concerned with understanding and explaining how language works. This involves analyzing how we make sense of the things we say. Semantics is concerned with explaining meaning at the sentence and sub-sentence level. Analyzing meaning is central to both subjects.

    著書:
    Monograph(Factual and Psychological Memory)Published by K.F.A 2004
    論文:(Concerned with the thinking process)
    ・Psychological Time(Thought)福岡女学院大学紀要人文学部編第16号 2006
    ・Understanding Sensation 福岡女学院大学紀要人文学部編第15号 2005
    論文:(Concerned with Linguistics and Grammar)
    ・Proper names and the definite article福岡女学院大学紀要人間関係学部編第3号 2002
    ・Simple definite and indefinite noun phrases福岡女学院大学紀要人間関係学部編第1号 2000
    ・Semantics: theory of meaning
    ・Linguistics and Grammar
    ・Analysis of meaning in film
    ・Understanding the thinking process
    I am very interested in understanding how language and grammar function and in analyzing our thinking processes - which seem to be linear and memory based. I extend this analytical approach to film by asking: How do we make sense of, and give meaning to, the films that we watch?

    大橋 由美 教授

    学位:PhD in Education(TESOL)
    出身大学: University of Leeds
    担当科目:「L2 Acquisition Ⅰ・Ⅱ 」

    談話分析、児童英語教育

    児童英語の教室内での教師、児童、タスクの関係について研究しています。タスクやトークなどにより教師が作り出す教室内の学習環境を、児童が学習機会として利用していく過程を、文字化されたデータを使用して分析します。

    Learning to Participate through Interaction. JALT 2006 Conference Proceedings. 2006
    Guided Participation in a primary EFL classroom. Thai TESOL 2006 Conference Proceedings. 2006
    Teaching and Learning through Interaction: A Case Study of Japanese Children Learning English as a Foreign language. Unpublished PhD thesis. University of Leeds. 2005
    A Time for Comprehensive Learning and Expectations for Primary English in Japan.論説資料保存会英語学論説資料37号第5分冊 2004
    英語学習の過程をエコロジーの概念を取り入れ理解する研究をしています。授業では、使える英語力の発達を促し、英語教育の諸問題を一緒に考えていくアクティブな教室コミュニティー作りを目指しています。

    平田 恵理 准教授

    学位:PhD (in English)
    出身大学:University of Birmingham(UK)
    担当科目:「Introduction to English Education」

    児童英語教育、コーパス言語学

    児童英語教育用の語彙シラバスの構築手法について研究しています。電子テクスト(コーパス)を使用し、コーパス言語学やコンピューター言語学の手法を用いて分析しています。

    ・E-assessment system for Young learners(EASY). World CALL 2008, Conference Proceedings. 2008
    ・A framework for an ontology-driven multi-lingual transcription system with IPA representation. Corpus Linguistics Conference 2007, Conference Proceedings. 2007
    ・The grammar of spoken English and the discourse of non-native speakers. British Studies in Applied Linguistics Vol. 22(pp.12-24). 2007.
    学生の英語に対する洞察力や意識を高めるために(consciousness raising)、コーパスを用いた英語教育における効果的活用法と基礎研究にも興味があります。
    授業では、英語の実践的コミュニケーション能力を養うことを前提とし、英語のデータ分析を通して、英語構造のしくみ(特に、文法と語彙の関係性、Phraseologyの概念)を深く理解するためのアクティビティーも取り入れています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE