• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 表現学科
    5. 学びの分野と特色ある授業

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部表現学科

    学びの分野と特色ある授業

    学びの分野

    英語表現分野
    小説、演劇、詩、エッセイ、放送、新聞、映画、音楽など、文学・文化・芸術の英語表現を重点的に学びます。教職にも必要な深みのある英語力を身につけることができます。
    マスメディア表現分野
    マスメディアにふさわしい文章表現や映像制作の知識、情報社会に不可欠な時事問題、放送局や新聞社での現場体験など、マスメディアの世界で必要な知識と技術の基礎を身につけます。
    クリエイティブ
    デザイン分野
    ビジュアル系と空間系のデザインをさまざまな材料・素材やコンピュータを使用した表現で探り、そのための技術や知識を身につけます。
    パフォーミング
    アーツ分野
    私たちが日常的に接しているドラマを成り立たせる戯曲・演技・演出についての基礎的な知識を学び、そのうえで実際にどのように上演すれば良いのかを実践的に考えていきます。

    時代のニーズに即し、身体や道具を使った創造的な授業のできる英語教員を育てるためのプログラムです。ここでは、文学・映画・音楽などを通して英語を「教科」として学ぶのではなく、幅広い視点から英語を使って「表現」することを学びます。さらに、そのほかの3分野「マスメディア表現・クリエイティブデザイン・パフォーミングアーツ」の中から一つ副専門を選び、英語以外にも得意分野を持つ英語教師の育成を目指します。

    特色ある授業

    Creative Education Program
    Creative Education Program
    〜次世代に求められる英語教員の育成〜

    次世代の英語教員は、自分の専門科目を教えるだけではなく、「もう一つの得意分野」を持った人材が求められています。現場に強い教師を養成することを目的に、学校臨床教育フィールドワークの授業では4年生の教育実習からではなく、1年生から実際に小学校や中学校などの学校現場に出向き、子どもとふれあい教育の素晴らしさやむずかしさを体感します。また、映画、音楽等を題材に会話表現等を学ぶ英語表現研究や英語翻訳研究の授業を通して、英語を「教科」として学ぶのではなく幅広い視点から英語を使って「表現する」ことを学びます。

    [授業名]学校臨床教育フィールドワークI・II・III、クリエイティブ教育研究I・II、クリエイティブ教育演習I・II、英文法I・II、英語表現研究G(映画)

    マスメディアを体験的に学ぶ
    マスメディアを体験的に学ぶ

    マスメディア表現分野では、表現学入門・マスメディア表現研究等の授業を通し、マスメディアの考察、映像・活字表現の基礎、そして最新のメディアを使いこなすいわゆる”メディアリテラシー”の習得を目指します。また、放送局(テレビ・ラジオ)、番組制作プロダクション、新聞社、出版社といった代表的なマスメディアの数社を訪問し、電波と文字それぞれの製作過程を学びます。また、実際に制作に携わるスタッフやキャストから話を聞き、ノート、カメラ、録音機など受講者それぞれの方法で、リポートをまとめます。

    [授業名]表現学入門A(マスコミ)、マスメディア表現研究B(新聞出版)、マスメディア表現研究D(広告・マーケティング)、マスメディア表現研究A(テレビ・ラジオ)、マスメディア表現研究C(映画・写真)、マスメディアフィールドワーク

    舞台制作から演劇まで実践する
    舞台制作から演劇まで実践する

    パフォーミングアーツ分野では表現学入門(演劇)等の授業を通して、演劇・映画・テレビドラマなど、人によって演じられるあらゆる事柄からドラマを成り立たせる戯曲・演技・演出の基本を学びます。また舞台制作演習の授業では、戯曲を読み、実際に演技を行い、舞台装置・音響・証明技術の専門知識を習得することで、言語表現・身体表現の方法、戯曲と演技・演出の関係を学びます。その他、日本の伝統芸能の公演を実際に鑑賞する授業や西洋の演劇作品を読む授業など、実習・体験型の授業により各自の表現能力を高めていきます。

    [授業名]芸能研究A・B、パフォーマンス研究A、パフォーマンス研究B、シアターマネージメント、舞台制作演習 Ⅰ・Ⅱ、サウンド表現研究
    A(作曲)、サウンド表現研究B(演奏)、サウンド表現研究C(実践)、ミュージックセラピー

    デザインを学ぶ
    デザインを学ぶ

    クリエイティブデザイン分野では、さまざまな素材やコンピュータ、デジタル機器を使用し、幅広くデザイン表現の可能性を探ります。デザインは、日常生活のあらゆるところに存在しています。表現演習の授業では、身近な空間やモノに関わるデザインを様々な側面から考えていきます。例えば、モノを切るための道具の種類を調査し、そのデザインの問題点や特徴を学びます。そして、切るための新しい道具を考え、実際にデザインしていきます。

    [授業名]ビジュアル表現研究A(デザイン)、ビジュアル表現研究B(色彩)、ビジュアル表現研究C(動画)、デザイン表現研究A(製図)、デザイン表現研究B(環境)

    人文学部シラバス

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE