• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. 現代文化学科
    5. 3つのポリシー

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部現代文化学科

    3つのポリシー

    アドミッション・ポリシー

    現代文化学科のキーワードは「文化」です。文化という面から、幅広い知識を学び、深く思考をめぐらせて構想力を磨き、社会に貢献できる実行力を持つ人材の育成を教育の目的としています。したがって、現代文化学科では次のような学生の入学を期待しています。

    • ① 日本や海外の文化、文化の交流、観光と文化との関わりについて、理解を深めようとする学生。
    • ② 文化について学ぶために必要な国語と英語の基礎学力を有し、それを応用できる学生。
    • ③ 社会に関心を持ち、積極的に関わろうとする姿勢を持つ学生。

    上記をふまえ、国語及び英語の学力による選抜、または面接及び小論文などを組み合わせた多角的な選抜によって、総合的に評価します。

    カリキュラム・ポリシー

    1年次では、「First-Year English」「スタディスキル」「情報リテラシー」などの必修科目群を履修し、大学生として必要な基礎学力・技能を身につける。選択必修科目である「観光文化論入門」「交流文化論入門」「日本文化論入門」を履修し、学科の学びの柱である3つの分野の基礎を習得する。
    2年次の「アカデミックリテラシー」「現代文化基礎演習」、3年次の「現代文化演習」と段階を踏むなかで、各自のテーマ・関心事に沿って学びの分野を選択できるよう、各分野の基本をより深く理解できる専門科目群を履修する。
    4年次は、「卒業研究」において、各自のテーマに沿ってこれまでの学びを集大成した研究をまとめる。
    ホテルや空港施設での実習、国内外への研修旅行など実践的な科目を配置し、ディプロマポリシーを担保している。
    教員志望者には、「国語科教育法」や「教育実習」を通じて、きめ細やかな指導を受けられる科目を開講している。

    ディプロマ・ポリシー

    人文学部現代文化学科は、以下の学位授与方針に基づき、その基準に達したものに学位を授与する。

    【知識・技能】
    観光文化分野、交流文化分野、日本文化分野の専門的授業において、日本を含めた多様な国・地域の言語・歴史を習得し、価値観を知り、文化に関する深い理解を身につけている。

    【思考力・判断力・表現力】
    世界及び日本の文化を見直し、その共通性と相違性の双方を認識して、適切な思考・判断ができる。

    【意欲・態度】
    外国のみならず自国の文化を深く理解する立場から、地域を知り、異なる文化間の橋渡しをしようとする姿勢・態度を身につけている。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE