• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. 学長あいさつ・年間聖句

    大学案内

    アドミッションポリシー

    大学

    福岡女学院大学の教育目標は、キリスト教に基づく建学の精神を土台に、神と隣人への「愛」に生きることを要とした、主体的人格を持つ女性を育成することです。このために、本学では、4学部8学科を設置し、広い教養と国際性を育成するために必要な教育と学問の研究を行っています。
    本学では、このような目標の下、一人ひとりの個性と可能性を大切に育てる教育を実践しています。本学を目指す学生は、本学の教育目標を深く理解し、各学部学科の教育内容を正しく受け止めることを望みます。

    人文学部

    現代文化学科

    現代文化学科のキーワードは「文化」です。文化という面から、幅広い知識を学び、深く思考をめぐらせて構想力を磨き、社会に貢献できる実行力を持つ人材の育成を教育の目的としています。したがって、現代文化学科では次のような学生の入学を期待しています。
    ①日本や海外の文化、文化の交流、観光と文化との関わりについて、理解を深めようとする学生。
    ②文化について学ぶために必要な国語と英語の基礎学力を有し、それを応用できる学生。
    ③社会に関心を持ち、積極的に関わろうとする姿勢を持つ学生。
    上記をふまえ、国語及び英語の学力による選抜、または面接及び小論文などを組み合わせた多角的な選抜によって、総合的に評価します。

    言語芸術学科

    言語芸術学科は高い言語能力と創造的な思考力を身につけ、文化を社会に発信できる実践力を持った人材の養成を教育の目的としています。この目的を達成するために、書物と格闘するねばり強さと、柔軟な発想と、豊かな社交性を持った人材を求めます。カリキュラムでは、基礎力養成のために「百読」(100冊の読書)と「百鑑」(100の映画・演劇鑑賞)を義務づけ、同じテーマをさまざまな専門分野から考える授業「テーマシンキング」によって学際的教養を身につけ、国内または海外で実習を行う「フィールドワーク」を設けて実践力を培います。また、卒業論文は3年次に完成させ、4年次には社会に向けて企画や作品を発信するためのカリキュラムを準備しています。卒業時にはどこに出しても恥ずかしくない人材を育成しますので、入学者には国語・英語による基礎的な言語能力に加えて、何よりも不屈の闘志が求められます。

    メディア・コミュニケーション学科

    メディア・コミュニケーション学科は、多様なメディアに着目して世界の成り立ちを考える学科です。そのために、人文学の基礎にもとづく学際的な知識を獲得した上で、社会にあふれる情報を読み解く能力と、さまざまな方法で自身のアイディアを伝えるデザインの技法を習得し、他者とのコミュニケーションについての理解を深めます。よって、メディア・コミュニケーション学科は次のような資質のある人の入学を期待します。
    ①メディア・デザイン・コミュニケーションのかかわりを探求する好奇心がある。
    ②文章・イラスト・映像・音楽など、さまざまな表現方法を身につける意欲がある。
    ③社会の多様性に関心があり、他者とのつながりを大切に思っている。

    人間関係学部

    心理学科

    心理学科は、「心理学の学びや研究を通じた成長と社会貢献を志す」人々と共に歩みたいと考えています。そのため、次の条件を満たす人々の入学を願っています。
    1. 心理学に強い関心をもっている人
    2. 学ぶこと、考えること、行動することが好きな人
    3. 自分や他者の気持ちや考え方を大切にできる人
    4. 自分や他者そして社会に建設的な視点を持っている人
    5. つながりを大切にし、人や集団と積極的に関わることができる人
    6. 心や行動の理解を深め、社会に貢献したい人
    7. 基礎的な学力やコミュニケーション能力を持っている人

    子ども発達学科

    子ども発達学科は次のような学生の入学を期待しています。
    ①保護者を含む乳幼児や児童を取り巻く環境に関心を持っている学生
    ②将来、子どもの気持ちを深く理解し、愛情と責任をもって、保育・教育にかかわる役割を担おうと考えている学生
    ③基礎的学力とコミュニケーション能力をもとに意欲を持って知識と技術を学ぼうとする学生
    子ども発達学科は、保育士や幼稚園教諭及び小学校教諭、特別支援学校教諭となるために必要な科目群および、子どもの教育を支える幅広い専門領域を準備し、さらに実践的な実習によって子どもが創造的に生きるための基礎づくりに援助できる人材を育てたいと考えています。そのため、高等学校で学習する教科全般に関心を持ち、基礎学力を十分に身につけており、将来に向けての専門知識や技能の習得に意欲のあることを望みます。

    国際キャリア
    学部

    国際英語学科

    国際キャリア学部は「グローバル人材育成」を教育目標にして、将来「女性のリーダー」として世界で活躍できる人材を育成します。この目標を達成するためには、高度な英語力と批判的思考力、さらに答えのない問題に果敢に挑戦するスピリッツが求められます。このような学部の教育目標の下、国際英語学科では全国レベルの高度な実用英語の修得を通して、国際的な企業や組織への就職を全力で支援します。国際キャリア育成を主眼とする学科の方針を理解し、自らの将来を英語力で切り開く気概と主体性のある学生を求めます。

    国際キャリア学科

    国際キャリア学部は「グローバル人材育成」を教育目標にして、将来「女性のリーダー」として世界で活躍できる人材を育成します。この目標を達成するためには、高度な英語力と批判的思考力、さらに答えのない問題に果敢に挑戦するスピリッツが求められます。
    国際キャリア学科はこのような学部の教育目標に賛同し、なおかつ下記の学問領域のいずれかに高い関心を持ち専門知識を深めたいと希望する女子学生を求めます。
    ①国際ビジネス領域
    ②異文化コミュニケーション領域
    ③地域研究・国際協力領域

    短期大学部

    短期大学部

    英語科

    短期大学部英語科では、英語によるコミュニケーション能力を伸ばし、異文化理解を深めるとともに、社会に貢献できる人材を育成します。したがって、英語科では次のような学生の入学を期待しています。
    ①英語に興味を持ち、実践的な英語運用能力を向上させようとする学生。
    ②自己と自己を取り巻く世界を探求しようとする好奇心を持つ学生。
    ③自国の文化と異文化に興味を持ち、相互の理解を深めようと努める学生。
    ④教養を深め、社会に貢献できる力を身につけようとする積極的な学生。

    大学院

    人文科学
    研究科

    比較文化専攻

    比較文化専攻は、世界各地域の言語・文学・思想など文化現象の比較研究に関心を有しており、国際社会に対処できる専門知識と広い視野を備えた人材の育成を使命としています。具体的には、個別専門分野の研究課題に対して、広い視野から深く洞察する能力を養うことに志を持っている人材を求めています。

    臨床心理学専攻

    臨床心理学専攻は、心理臨床における専門的な知識や対人援助技術を修得することに精進し、かつ自己内省力に優れ人間性豊かな人材の育成を使命としています。本専攻は、学問に真摯な態度で向かい、積極的・自主的に学修し、人とのつながりを大切に協働して人類の精神的健康に貢献することに志を持っている人材を求めています。

    発達教育学専攻

    発達教育学専攻は、子どもの教育について、発達的視点から正しい子ども観を確立し、発達の危機に対応できる人材の育成を使命としています。本専攻は、Human Scienceとしての学問体系を基盤におきながら、教育者あるいは社会人として子どもを科学的、環学的視点から捉え、論理的・実証的な研究と、実践的・発達臨床的研究を志向する人材を求めています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE