福岡女学院大学 生涯学習センター
文字サイズ

2018夏講座

2017秋講座

講座をさがす
  • お問い合わせ・資料請求
  • 講座申し込みフォーム
HOME公開講座:文学一覧>公開講座:文学
文学
講座コード
181
ミッションおとなアカデミー:イギリス文学・文化入門
講師

福岡女学院大学 教授 道行千枝
福岡女学院大学 准教授 上村忠実
開講曜日 毎週月曜
開講時間 13:30~15:00

開講日

全6回 5/21~6/25 受講料 3,000円
※割引対象外
講座内容
映画や文学を題材に、イギリスの文化を学びましょう。名作を抜粋で読んだり、映画を鑑賞したりしながら、名句・名言を味わいます。また、英語・発音・歴史・生活・習慣など、作品の背景を解説します。予備知識や予習は必要ありません。紅茶を飲みながら、珠玉の英語表現と出会いませんか。

内容
 第1回 マザーグースとイギリス文化
 第2回 映画でわかるシェイクスピア
 第3回 スコットランド、イングランド、ウェールズの歌
 第4回 王政復古期の演劇
 第5回 「バラに寄せて」英詩を読む
 第6回 映画でわかる風景画家ターナーの世界

講座申込みフォーム
講座コード
153
ミッションおとなアカデミー:中国古典(漢文)を読む
講師

福岡女学院大学 准教授
髙戸 聰
開講曜日 第1・3火曜
開講時間 13:30~15:00

開講日

全7回 4/17、5/1・15、6/5・19、7/3・17 受講料 3,500円
※割引対象外
講座内容
『十八史略』を、読んでいきます。『十八史略』は、正史などの歴史書のダイジェストで、古代から宋の時代までを記載しています。春学期は、殷周あたりからです。なお、漢文の読み方を初歩からお話ししますので、今学期からのご参加も歓迎いたします。
講座申込みフォーム
講座コード
新規
『遠野物語』を読む
講師

元福岡女学院大学 教授
吉田 修作
開講曜日 毎週火曜
開講時間 15:30~17:00

開講日

全12回 4/10~6/26 受講料 18,000円
講座内容
『遠野物語』は民俗学者柳田國男によって執筆されたもので、内容は、山の神、山男、山女、天狗、河童、オシラサマ、ザシキワラシなどです。授業ではテキストの他に、関連資料を配布し、場合によっては映像を使用し、分かりやすく解説していきます。

教材費
 300円

テキスト代
 500円

講座申込みフォーム
講座コード
新規
教科書の名作を読み直す~太宰 治編~
講師

元福岡女学院中高 教諭
橋口 隆文
開講曜日 毎週水曜
開講時間 13:30~15:00

開講日

全15回 4/11~7/18 受講料 22,500円
講座内容
かつて教科書で学んだであろう文学作品を新たな目と心で読み直してみませんか。また名前だけ知っていても読んでいない作品を読んでみませんか。文学のおもしろさを再発見し、退屈な日常生活に活力が与えられるに違いありません。今学期は、太宰治の「走れメロス」と「富嶽百景」を鑑賞します。

教材費
 300円

テキスト代
 432円

講座申込みフォーム
講座コード
146
万葉の歳事記
講師

生涯学習センター講師、博士(国際文化)
清原 倫子
開講曜日 第2・4木曜
開講時間 10:30~12:00

開講日

全7回 4/12・26、5/10・24、6/14・28、7/12 受講料 10,500円
講座内容
天皇・貴族から庶民にいたるまで、貴賤を問わず人々が詠んだ歌4500首余をおさめた『万葉集』。そこには詠み人の喜びや悲しみ、苦しみなどさまざまな想いが込められています。その背景にある出来事や自然や生活など、歌を通して歴史の流れと共に紐解いていきます。

教材費
 300円

講座申込みフォーム
講座コード
148
楽しく読む『日本書紀』
講師

生涯学習センター講師、博士(国際文化)
清原 倫子
開講曜日 第2・4木曜
開講時間 13:30~15:00

開講日

全7回 4/12・26、5/10・24、6/14・28、7/12 受講料 10,500円
講座内容
720年完成の『日本書紀』は最古の正史で六国史の第一にあたります。日本の歴史を考える際の必読書です。記述の背景や、海外の史・資料を併用しながらご一緒に読み解いていきましょう。途中からでも大丈夫です。今期は九州とも縁の深い神功皇后が登場します。

教材費
 300円

講座申込みフォーム
講座コード
130
源氏物語を読む
講師

福岡女学院大学・大学院 教授(文学博士)
東 茂美
開講曜日 毎週水曜
開講時間 11:00~12:30

開講日

全15回 4/11~7/18 受講料 22,500円
講座内容
第39帖「夕霧」を読みます。落葉の宮への思慕がつのり、小野の里の深い霧を口実に宮のそばで一夜を過ごした夕霧。一途な思いに翻弄される夕霧は、滑稽で凡庸な中年男でしかありません。この巻でぜひ読みとりたいのは、紫の上のことば「女ばかり、身をもてなすさまもところせう、あはれなるべきものはなし」でしょうか。はじめて『源氏物語』にふれようとする方も、どうぞ。

テキスト代
 4,657円+税

講座申込みフォーム
問い合せ先 生涯学習センター
TEL:092-575-2993
FAX:092-575-6480
Eーmail:shogai@fukujo.ac.jp
※Fax・E-mailの方は氏名・住所・電話番号を明記してください。