HOME > トピックス > 2018年度「多言語医療支援コース」がスタート ~多言語医療支援コース1年生による英語のプレゼンテーション~

2018年度「多言語医療支援コース」がスタート ~多言語医療支援コース1年生による英語のプレゼンテーション~


2018/7/3


<2018年7月19日(木)

2018年7月19日(木)のチャペルで、多言語医療支援コースの1年生(コース希望者)の2人が第3弾の「Why I Want to Be a Nurse」(看護師になりたい理由)を発表しました。1人目は家族全員が医療に携わる仕事や勉強しており、自分も同じ道に進みたくなったということでした。2人目は難病を抱えている家族の助けになりたいと思い、看護師を志したということでした。今回が今年度前期最後の発表となり、6名の看護師になりたい理由を英語で語ってもらいましたが、皆さんそれぞれの思いを持って看護師を志していることがわかりました。チャペルでの発表を通じて、多言語医療支援コースの学生はもちろん、チャペルに参加した全ての学生・教職員にたくさんの刺激を与えてくれました。

IMG_1287 (1).JPG  IMG_1290.JPG

 

 

<2018年6月27日(水)>

2018年6月27日(水)のチャペルで、多言語医療支援コースの1年生(コース希望者)の2人が第2弾の「Why I Want to Be a Nurse」(看護師になりたい理由)を語りました。1人目はタイでボランティア活動中、膝に怪我をしたタイ人の少年を処置することが看護になるきっかけになり、2人目は通院中の弟をやさしくしてくれる看護師の姿を見て憧れ始めたということでした。2人は英語で語たり、人のための仕事や女性が安定できる仕事について同学年のみなさんと一緒に考えました。

IMG_1279.JPG  IMG_1281.JPG

                                

 

<2018年5月30日(水)>

2018年5月30日(水)のチャペルでは、多言語医療支援コースの1年生(コース希望者)が英語でプレゼンテーションを行いました。同学年生の前で綺麗な英語を使い、「Why I Want to Be a Nurse」(看護師になりたい理由)を語りました。

身近な人の闘病や出産経験で患者に寄り添う気持ちが沸いてきたということでした。そして、外国人の患者さんのためにも英語をもっと上達したいという熱意も見せてくれました。その凛とした姿は同学年生だけでなく、教職員からも驚きの声があがりました。

20180530_chapel_1.jpg  20180530_chapel_2.jpg

                                                         

 

多言語医療支援コースの詳細につきましてはこちらをご参照ください。