HOME > News and Events > 8/30(水)・8/31(木)小野小学校全児童の骨密度測定会を実施しました! ~古賀市・小野小学校・看護大学のコラボ企画3年目~

8/30(水)・8/31(木)小野小学校全児童の骨密度測定会を実施しました! ~古賀市・小野小学校・看護大学のコラボ企画3年目~


2017/9/1


8/30(水)・8/31(木)小野小学校全児童の骨密度測定会を実施しました!

~古賀市・小野小学校・看護大学のコラボ企画3年目~

 

8月30日、31日、2学期生を取り入れ、後期がスタートした古賀市立小野小学校で、平成29年度身体測定会が行われました。今回の測定会は、身長、体重に加え、骨密度の測定を実施するもので、古賀市予防健診課の保健師と住民ボランティアの協力、看護大学は児童の健康増進を推進する予防を目的とした研究活動の一環として参加しました。骨密度の測定は、今年で3年目を迎えました。

学年別、クラス単位別に測定を実施した児童の反応は、「○○ちゃん、どうだった?」「わたしと同じ1でよかったね」「昨年よりよくなった。うれしい!」「毎年、1つずつ、判定が良くなっている」「2になったうれしい!」という児童もいれば、「昨年より悪くなった、夏休みごろごろしてたもんな・・・」と反省する子も。しかし、中には「運動もしているし、悪くなった理由がわからない」という子も。測定会の前後には、古賀市の保健師と大学教員により、クラスごとに骨の健康や発育の特徴について、復習を兼ねたミニ講座を実施しました。1年生には、今回、初めての経験で紙芝居を使ったミニ講座を実施(写真)しました。

そこでは、骨密度をさらに高め、成長期にPEAK BONE MASS(最大骨量)を獲得するための日常生活の留意点について説明しました。今年で、3年目になるミニ講座、骨のために良い食品は?という問いに、児童の口から「ま・ご・た・ち・わ・や・さ・し・い」のキーワードがすらり。日常生活の中で実践的に活用してもらうために、今日から始まる給食に、骨のために良い食品が含まれているか、みんなでチェックしてみよう!。お日さまにあたる外遊びも、クラスで声掛け合って、みんなで取り組みをしては?「来年の測定では、さらに値が改善するように努力してみよう!」等、クラス全体、全員の共通の健康課題である、成長期のPBMを上げるための取り組みがなされることも期待できるのかなと感じました。児童の中には、「1組と2組、どちらの方が沢山歩いていますか?」等、昨年の生活習慣調査結果報告を受けて、今年の結果に関心を持っている子もいました。改めて、学校保健の中で、共通の健康課題をもつ児童が、相互に影響しあって、健康づくりを行う意義を実感しました。3年目を迎えた本事業、児童の健康管理の意識を高めることにつながっているのでは・・・。

測定結果やミニ講座の反応に、自分の健康づくりに対する児童のやる気をたくさん感じた2日間でした。

 

kotsumitsudo_1.jpg

 

kotsumitsudo_2.jpg

 

kotsumitsudo_3.jpg