HOME > News and Events > シミュレーション教育センターを活用した母性看護援助論演習の様子

シミュレーション教育センターを活用した母性看護援助論演習の様子


2017/5/12


5月12日(金)、母性看護援助論演習の授業がシミュレーション教育センターで行われました。その様子をご紹介します。

 

IMG_0492.JPG

①学習目標に必要な事前学習をしています。その後、シミュレーションする状況説明がありました。出産が間近で入院している女性の対応を今回シミュレーションします。

 

IMG_0505.JPG

 

IMG_0544.JPG

②実際にシミュレーションしている様子です。グループの代表者が実技し、その他のメンバーは後ろで観察しています。

 

IMG_0530.JPG

③コントロールルームで観察している様子です。コントロールルームは、マジックミラー越しに観察し学習者を意識せずに観察できます。

 

IMG_0551.JPG

④ディブリーフィングルームの様子です。シミュレーションの様子がライブ中継されています。

 

IMG_0515.JPG

 

IMG_0538.JPG

⑤ディブリーフィング(振り返り)をしている様子です。様々な角度で観察した様子をグループで振り返り、討議し、気付いたことなどをホワイトボードに書き出しています。

このシミュレーションとディブリーフィング(振り返り)を繰り返し行うことで、より良いケアのために必要な知識・技術・態度を学生自身が気づくプロセスを促します。

このプロセスを繰り返すことで、学生の主体的な学習姿勢の育成を図ります。

 

学生たちは、自分だったらどう対応するかを考えながら真剣に取り組んでいました。