HOME > 多言語医療支援コース

多言語医療支援コース

〈新コース開設〉

多言語医療支援コース(10名以内)

 

 近年、日本を訪問し、滞在・居住する外国人が増加しています。また、日本の高度な医療技術を外国人観光客に提供する「医療観光」に日本政府が力を入れていることもあり、外国人看護対象者へ適切なケアができる人材が求められています。しかし、看護の現場ではまだまだ外国語力や多言語理解が不足しているのが現状です。そこで、本学においては、多言語医療支援コースを新設します。2018年度入学の学生から、入学後、コース選択の申請が可能になります。このコースで学ぶ学生は、英語力、コミュニケーション能力、多文化への理解力を兼ね備えた、看護師を目指します。

 

福岡女学院大学との連携

英語力を生かしたキャリア育成を行っている福岡女学院大学国際キャリア学部(福岡市南区日佐)と連携した英語教育を計画しています。3、4年次には、国際キャリアを学部で開講している授業を8単位履修する予定です。より高度な英語表現力やコミュニケーション能力を身につけることを目標とします。

 

  • 目的

    1.看護・医療場面において適切な英語を円滑に使えるようになる

    2.多文化の人とコミュニケーションをとるためのスキルを身につける

    3.「誕生」「ライフ」「死」および「医療」における文化的相違と類似の理解を高める

  • 履修条件 

    入学時に英検2級またはTOEIC600点以上、もしくは同等のレベルを有すること

  • 修了認定要件 

    ◎コースに必要な科目の単位をすべて修得していること

    ◎「日本医学英語検定試験」3級を取得