HOME > 実習室

実習室

最新の医療現場を先取りした施設で実践力を鍛えます

100名同時に実習できる広い基礎看護実習室をはじめ、4つのシミュレーションルーム(ICU、、成人・周産期、4床室、地域・在宅)やディブリーフィングルームなど充実した看護シミュレーションセンターも2016年9月に完成。最新の設備・機器を導入し、医療現場さながらの演習を展開しています。 精緻な人体模型や実際の住宅を模した実習室で在宅ケアを体得するなど、常に相手の立場・心情に配慮した看護の実践を学びます。

 

2016年9月完成 看護シミュレーションセンターのページはこちら

 
基礎看護学実習室
基礎看護学実習室

体位変換や食事の援助、清拭などの日常生活援助技術やバイタルサイン(脈拍、呼吸、体温、血圧)の測定、注射、採血などの診療援助技術について学びます。看護の基本原則である『安全』・『安楽』・『自立』・『個別性』を常に考えながら学生同士やモデル人形を使って演習を行います。

 
精神看護学ゼミナール室

心の健康を保ち、心の病気から回復するために必要な看護の演習を行います。プロセスレコード検討会は、精神看護で重要なコミュニケーション技術を向上させます。また、SST(生活技能訓練)の体験は、精神障害者に対する社会生活技能改善の技術を身につけます。