HOME > 教育の理念

教育の理念

ヒューマンケアリングを実践できる看護職者を育成

本学の教育理念は、キリスト教精神に基づき、人間の尊厳、倫理観を備えたヒューマンケアリング教育をめざすことです。
幅広い教養とコミュニケーション能力を身につけ、看護学、医学の専門的知識ならびに技術に研鑽を重ね、 専門的な問題解決能力、看護実践能力を習得。もって医学および看護学の進歩、国民健康の維持増進、 さらに医療・保健・福祉を中心に地域および国際社会に貢献することを教育理念とします。

看護職者が習得すべき3つの能力
 

教育の目標

教育目標
 

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与方針)

本学では、所定の単位を修得し、次に掲げる能力を身に付けた学生に対して卒業を認定し、学位を授与します。

  1. 「隣人を自分のように愛する」心と精神を身につけた人
  2. 「ヒューマンケアリングの実践」をとおして相手の成長を助け、同時に自分も成長できる人
  3. 生命の尊厳と人間の尊重に基づく倫理観を持ち、看護上の倫理問題に積極的に取り組むことができる人
  4. 看護の専門職者として必要な観察力、アセスメント能力、問題解決能力、援助技術を実践することができる人
  5. 絶えず前に踏み出す力を持って、生涯をとおして継続的に自己研鑽ができる人
  6. さまざまな専門職者と協働し、リーダーシップ・メンバーシップを発揮して、チームの中で連携しながら看護の役割と責任を果たすことができる人