HOME > 教育の特色

教育の特色

福岡東医療センターや古賀市などと連携して充実した学びの環境を提供

env_ph_renkei_20170601.png

福岡都市圏東部の古賀市に位置する福岡女学院看護大学。学び舎は福岡東医療センターと同じ敷地にあり、緑豊かなのびのびとした環境を確保しています。国立病院機構との連携で充実した実習量と質の高い実習を実現する体制が用意されています。福岡東医療センターは地域医師会・古賀市・新宮町の行政、消防署とともに「地域医療を考える会」や「粕屋北部在宅医療 ネットワーク」を立ち上げており、住民の健康管理や教育、在宅医療や独居老人への支援などの福祉に力を入れている地域です。そのため、より実践的な地域医療を学べる環境が整っています。また、地元の人への育児相談や子育て支援活動もおこなっていますので、さらに豊富な経験ができます。

 

福岡東医療センターとの連携

[写真]徳永先生と上野院長

国立病院機構の病院と、ミッションスクールと呼ばれる私立伝統校との連携は、全国でも最初の試みです。東医療センターの敷地内に病院と隣接しており、同センター院長の上野道雄氏をはじめとする医師や看護師たちの全面的な協力を得られることは、本学の学生たちの臨地実習などで大きなメリットとなるでしょう。
さらに卒業後にも、同機構系諸病院へ就職上のメリットも期待できます。

 

ヒューマンケアリングを実践する教育特色

 

福岡女学院看護大学では 『ヒューマンケアリング』 を実践できる看護職者を育成することを目的としたカリキュラムを編成し、徹底した人間愛の教育と実践を支える高度な看護学・医学の知識・技能習得をめざしています。

 

看護教員を中心に、医師、看護師の三者討議によってつくりあげられた実践的かつ広角度なカリキュラムで心と知識と技術、3つの能力を身につけた看護職者の育成をめざします

討議風景

開学準備の頃、松岡綠 初代学部長を中心に連携先の福岡東医療センターの医師、看護師と、より実践的かつ専門的教育を実現するためのカリキュラムが医療現場一体となって討議されました。

ヒューマンケアリング
 

本学独自の教育内容(ヒューマンケアリングにつながる講義が充実)

 

教育の理念に基づき、ヒューマンケアリングを実践できる看護職者育成のために、独自の教育内容を充実させています。また、実践を支える高度な看護学・医学の知識と技術の習得をめざしています。

 

教育目標