お知らせ

【学院】キャンパス内で「不審者侵入対応訓練」を行いました

福岡女学院では、警察当局のご指導を頂きながら、キャンパス内の防犯カメラの増設、本部事務室及び警備室への防犯カメラ専用モニター設置等、日々の危機管理対策を強化しております。

 

しかしながら、過去の事例が示すように、教育の場において、痛ましい事件が発生しており、万が一、不審者侵入事案が発生した際における、事務職員の危機管理意識の醸成と、迅速・的確な対応能力の向上を図るため、福岡県南警察署のご協力のもと、「不審者侵入対応訓練」を行いました。

 

 

今回は、指揮班、追跡班、通報・連絡班に分かれての想定訓練を行い、不審者侵入の通報後、危機管理対策室を設置し、侵入者を発見、追跡後、「さすまた」で対峙し身柄を確保するまでの訓練を実施しました。

 

  

 

侵入者の発見から、対峙し「さすまた」を使って身柄を確保するまでの流れは、迫真の状況となり、万が一の事案を、職員一人ひとりが、身をもって体感する機会となりました。

 

 

 

また、不審者侵入訓練の後は「さすまた」の実技訓練も行われました。

受傷事故を防ぎつつ、捕縛する手段として、どのような使い方ができるのかを実践して教わりました。

 

 

 

 

今回の訓練により、その場の状況に応じて、使用できるものを最大限活用して安全を確保すること、また、迅速な対応につながるよう、いかに連携をとるべきかを教わり、具体的な動きによって、園児・生徒・学生の安全を第一とし、迅速・的確な対応を改めて考える、危機管理意識の向上を図るにふさわしい訓練となりました。

 

 

ご協力くださいました福岡県南警察署の皆さまに心より感謝申し上げます。

  • 福岡女学院大学生涯学習センター
  • 福岡女学院大学図書館
  • 福岡女学院天神サテライト
  • 福岡女学院同窓会
  • 感謝

  • 福岡女学院資料室
  • 福岡女学院時報「Mission」
  • メディア掲載・出演情報 (2018年度)

  • 福岡女学院短歌コンクール
  • FJ Tube
  • 福岡女学院同窓会