お知らせ

【学院】学院歌の歌詞が決定いたしました

福岡女学院では、創立から132年を経て、総合学園となった学院にふさわしい学院歌があればと考え、2017年10月23日(月)~1220日(水)の期間で、学院歌の歌詞を募集いたしました。

楽曲は、太平洋戦争のさなか、キリスト教学校として存亡の危機にさらされ、さらには空襲で校舎を焼失するという苦難の時代にあっても、希望を捨てず、青空のもとで生徒と教職員が礼拝で力強くうたった当時の讃美歌445番「みかみとともにすすめ」のメロディをそのまま使用します。

 

公募にあたり、本学院の生徒・学生をはじめ、保護者や卒業生、教職員など、日本全国から沢山の作品をご応募いただきました。心より感謝申し上げます。

 

中高生徒会、大学学友会メンバーにも協力を仰ぎ、厳正なる選考を行った結果、福岡女学院の学院歌は、篠原 忍様にご応募いただきました歌詞に決定いたしました。

学院歌は、5月19日(土)の創立記念式典にて皆さまへお披露目をする予定です。

 

福岡女学院の園児・生徒・学生・関係する皆さまのつながりや絆を、大切に表現した歌詞となっております。

永く愛される、福岡女学院らしい学院歌ができましたことを、ご報告いたします。

創立133周年記念式典でのお披露目まで、どうぞお楽しみにお待ちください。

 

 

  • 福岡女学院大学生涯学習センター
  • 福岡女学院大学図書館
  • 福岡女学院天神サテライト
  • 福岡女学院同窓会
  • 感謝

  • 福岡女学院資料室
  • 福岡女学院時報「Mission」
  • メディア掲載・出演情報 (2018年度)

  • 福岡女学院短歌コンクール
  • FJ Tube
  • 福岡女学院同窓会