お知らせ

【大学】心理学を活かした金融サービスの向上を銀行に提案しました

キャリア教育「 PBL(Project-Based Learning)」 ~ 私たちの「みらい」プロジェクト ~

福岡女学院大学では学生がチームになって企業と連携し、課題解決に取り組む

アクティブラーニング型のプロジェクトを正規の授業以外でもすすめています。

 

その一つである「心理学を活かした金融サービス向上プロジェクト」(三井住友銀行×福岡女学院大学心理学科連携事業)

の最終報告会が12月15日、博多駅前の三井住友銀行福岡支店でおこなわれました。

今回のプロジェクトは大学生になりたての1年生を中心に、2年生との混成チーム計7名の学生が2チームに分かれて挑戦。

学生の年齢的にもまだまだ知らないことばかりの銀行や金融の基本をしっかり知ることからはじまり、

また課外ということもあってチームのスケジュール調整、企画、発表準備まで、

4月から悪戦苦闘しつつも、無事この報告会を迎えることができました。

 

報告会には福岡法人営業部の溝口部長さまをはじめ、

テレビ会議で結んだ東京会場にも法人戦略部の清水部長さま、

ITイノベーション推進部の竹田上席推進役さまなど、お忙しい中、錚々たるメンバーにお集まりいただきました。

発表と質疑応答、各チーム緊張の面持ちながらも堂々とした発表で、

活動途中の様子をご存知の引地九州法人ソリューションセンター長さまからも

「始めた頃に比べ、随分成長していて驚いた」とのコメントをいただきました。

また企画内容もまだまだ粗削りではあったものの、溝口部長さまより、

「両チームとも銀行本来の”みなさまのお役に立つ“という原点を思い起こさせてもらう視点がよかった」

と、大変ありがたい講評もいただきました。三井住友銀行のみなさま、ご多忙のところ、本当にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

与えられる側から与える側も経験することで社会人基礎力養い、

人間的な力を身につける課題解決型プロジェクト。福岡女学院大学ではこれからも、応援していただいている

連携企業・行政のみなさまのご期待にお応えできるよう、また学生の成長のため、様々なプロジェクトを展開していきます。

IMG_1772.JPG

  • 福岡女学院大学生涯学習センター
  • 福岡女学院大学図書館
  • 福岡女学院天神サテライト
  • 福岡女学院同窓会
  • 感謝