1885年から始まった福岡女学院の歴史は、一世紀以上にわたり、女子教育を積み重ねてきました。

スクールライフ

夢をもつ仲間たちとともに過ごす時間は、かけがえのない時間。

女学院の楽しい日々。
クラブ活動、修学旅行、そして、さまざまなイベント―。
大切な「今」を一生の想い出にできる場所です。

ホーム » スクールライフ » 在学生の声

在学生の声

中学校
中学校2年生 眞鍋さん
写真

福岡女学院ならではの芸術教育に興味があり、入学しました。特に音楽の授業が好きなのですが、他の学校と比べて珍しい弦楽器を授業でふれられることが魅力的だと感じています。授業だけでなく、現在はミッションオーケストラ部に所属し、ビオラを担当することもできています。また、学校の雰囲気もとても活発で、男女にとらわれず個人の個性を素直にしっかり活かすことのできる環境がとても過ごしやすいです。勉強と部活動の両立は少し大変なこともありますが、とても充実した学校生活を過ごせています。

中学校2年生 横田さん
写真

小学生からバレーを始め、ジュニアで県ベスト8に入賞できた経験を活かし、中学校でもバレー部に所属しています。バレー部には、試合に出場する選手の他、サポートする人、応援する人など様々な役回りがあります。授業だけでは経験できない貴重な学びの場のひとつだと思います。悔しい思いもたくさんしますが、特に私は困難や苦労の後の達成感が好きで、何でも粘り強く取り組むことをいつも心がけています。部活動と勉強の両立は大変な時もありますが、これからも何事も一生懸命に頑張っていきたいです。

普通科 特進クラス
特進クラス3年 尾崎さん(福岡女学院中学校出身)
写真

福岡女学院は「努力をすればするほど、誰かが必ず手を差し伸べてくれる」支援体制が整っています。奨学金・特待生制度の充実はもちろんですが、何より先生方の万全のサポート力が一番の強みです。先生方に相談すると、いつも何事も、時には日頃関わり合いのない先生方までもが授業外に時間を設けてくださり、熱心に指導・協力してくださいます。先生方のおかげもあり、「文部科学省で日本の教育を支援する仕事に就く」という進路も具体的な目標として捉えられるようになりました。高い向上心や目標がある人にぜひ、入学をおすすめしたいです。

特進クラス3年 猿渡さん(春日市立 春日南中学校出身)
写真

先生と生徒が近い距離で、学校自体も親しみやすく雰囲気が開放的なこと、設備も美しく整備がなされているため、学校生活は毎日気持ちよく、楽しく送ることができています。また、塾に通う必要がないほどに、先生方が一人ひとりに対して細かく丁寧な指導をしてくださるのが、福岡女学院の何よりの魅力だと思います。分からないことがあればしっかりと分かるまで解説してくださったり、課外授業を開講してくださったりと、授業だけでなくその後のフォローが充実しています。卒業後は大学で学術的な勉強を学べる、有意義な学生生活を目指したいです。

普通科 進学クラス
進学クラス3年 馬場さん(八女市立 西中学校出身)
写真

「サッカーと勉強を両立して頑張りたい」という強い思いがあり、福岡女学院を選びました。今は、サッカー部のキャプテンをしているのですが、文武両道を目指し、またみんなの上に立ち、サッカー部を束ねる立場としては、つねに「切り換え」を意識しています。思いっきり頑張る時と、楽しむ時、というけじめをつけることは、何事も全力で取り組むことに繋がっていると思うからです。将来はサッカー部の顧問を担当してくださっている先生のように、時には厳しく、時には生徒の意見に耳を傾けられるような学校の先生になりたいです。

進学クラス3年 柴田さん(福岡女学院中学校出身)
写真

美術に関する仕事をすることが将来の夢で、中学進学時に、中学校から特に芸術教育に力を注いでいる、福岡女学院を選びました。美術の仕事に対し、どのような道筋で目標を立ててどう動くべきなのか分からない時期に、先生が親身になって耳を傾けてくださり、進路実現のプランをしっかりと指導してくださいました。先生方が各々の進路希望に対して丁寧に対応してくださることは、学校の大きな強みだと思っています。福岡女学院で過ごした学校生活の中で自身の夢を具体化することもできたので、進路実現に向け、一層努力していきたいです。

音楽科
音楽科3年 名智さん(福岡女学院中学校出身)
写真

音楽科のある学校に進学をしたいという希望があり、特に芸術教育に力を注いでいる福岡女学院への入学を決めました。演奏会やコンサートなど音楽を聴きに行く機会、また音楽科のみんなと授業で音を合わせたり、聴き合ったりする機会が多くあります。クラスメイトの奏でる音を聴いて、また自分の音が周囲にとってどのように聴こえるのかなどに意識を持つ事で、「自分も、もっとこうしてみよう」と切磋琢磨していける環境がよい刺激になっています。将来は国内外にとらわれず、広い世界へ見識を広げてみたいです。

音楽科3年 小俣さん(小郡市立 三国中学校出身)
写真

福岡女学院は、楽器のジャンルにとらわれない幅広い演奏に挑戦できる所や、自分の演奏だけでなく、演奏会や授業での発表など、「他の人の音を共有する」機会が多いという、他の学校では実現が難しい経験ができる所が何よりの魅力だと思っています。また、音楽家として現役で活躍されている先生方もいらっしゃるので、実践的な指導をしてもらえることも大きなメリットではないかと思います。将来は先生方のように、教育者と作曲家を両立できることを目標に、今後も学習に取り組んでいきたいと思います。

ページの先頭PAGE TOP