1885年から始まった福岡女学院の歴史は、一世紀以上にわたり、女子教育を積み重ねてきました。

スクールライフ

夢をもつ仲間たちとともに過ごす時間は、かけがえのない時間。

女学院の楽しい日々。
クラブ活動、修学旅行、そして、さまざまなイベント―。
大切な「今」を一生の想い出にできる場所です。

ホーム » スクールライフ » スクールライフQ&A

スクールライフQ&A

Q1.どのような形でキリスト教に触れるのですか?
A.毎朝の礼拝で、聖書を読み、パイプオルガンの伴奏で讃美歌を歌い、お話を聞きます。週1時間の聖書の授業、またイースターやクリスマスなどの特別礼拝を通してキリスト教について学びます。クリスチャンであるかないかを問うことはなく、安心して学んでいけます。
Q2.学校はどんな雰囲気ですか?
A.明るく自由な校風で、生徒はのびのびと生活しています。伝統校として、学院の歴史や卒業生と触れあう機会もたくさんあります。
Q3.特色のある教科はありますか?
A.どの教科にも力を入れていますが、美術や音楽などの芸術教育や英語教育には高い評価をいただいています。一例として、中学では3年間ヴァイオリンの授業が必修です。(ヴァイオリンを個人で購入したり、学外レッスンの必要はありません)
英語教育では、中学で週6時間中2時間は外国人教諭による授業があり、その他ユニークなものとして多読多聴の講座も受けられます。
Q4.連携校はありますか?
A.日本全国に同じキリスト教学校の同盟校(キリスト教学校教育同盟)が約100校あります。海外では連携校として韓国釜山市「三聖女子高等学校」やタイ「チュラロンコーン大学附属高等学校」があり、交流を深めています。
Q5.クラス分け、人数はどのくらいですか?
A.中学は、1学年1クラス35名×4クラス編成が基本です。高等学校は、1学年4~5クラスの普通科の他に、1クラス30名の音楽科を併設しています。
Q6.通学時間、方法について教えて下さい。
A.通学時間は平均1時間です。通学方法はバス、電車(西鉄・JR)、自転車などを利用しています。自転車通学は、1㎞以上であれば利用可能です。
Q7.生徒はどのような地域から通学していますか。
A.在学生通学地域一覧

Q8.寄宿舎はありますか?
A.カナン寮という5階建て寄宿舎があり、1、4、5階を中高生が使用しています。通学が困難な生徒が利用でき、1人部屋から4人部屋で、冷暖房が完備されています。大学生も寮で生活していますが、生活環境は分かれています。
Q9.部活と授業の両立は可能ですか?
A.クラブによって活動日、活動内容は様々ですが、生徒は両立のための工夫をしながら頑張っています。中学・高校6年間継続する生徒も多く、下級生の良い手本となっています。
Q10.学食や売店は充実していますか?
A.学内に約700名が利用できる食堂では、300円程度で豊富なメニューが用意されています。ただし、中学生は午前中授業がある日のみの利用となりますので、通常は売店で食堂のテイクアウトメニューを注文して教室で食べることが出来るようになっています。また、売店では文房具全般、パン、飲み物の販売を行っています。
Q11.制服はどのようなものですか?
A.濃紺の冬服、空色の夏服の他に、カーディガン、靴下、ボックスコートがあります。
Q12.授業以外に必要な経費はどのくらいですか?
A.毎月の校納金以外に、中学では教材費年額45,000円(学年によって多少異なります)と修学旅行費約250,000円(分割積み立て総額:海外修学旅行)、高校普通科では、教材費年額52,000円(進学クラス)、64,000円(特進クラス)と修学旅行費約100,000円(分割積み立て総額)、音楽科では教材費年額32,000~49,000円(学年によって異なります)と修学旅行費約100,000円(分割積み立て総額)が必要です。
Q13.奨学金について教えて下さい。
A.下の詳細ボタンでご確認ください。不明な点はお問い合わせください。
Q14.不登校など、心のケアに関する対策はどのようになっていますか?
A.担任と養護教諭が十分に連絡を取り合って指導していく体制が出来ています。また、専門のスクールカウンセラーによって生徒や保護者のためのカウンセリングも受けられるようになっています。その他「と~く・るーむ」では福岡女学院大学大学院で臨床心理を学ぶ学生たちと気軽に話せる空間があります。
Q15.転勤等による転校紹介はありますか?
A.本学院も加盟している全国組織であるキリスト教学校教育同盟の加盟校(約100校)への転校受け入れ協力制度が整っています。
Q16.中学から高校へは必ず進学できますか?
A.高校への進学判定はありますが、中高一貫教育ですから進級は認められます。この際、高校音楽科進学も可能です。
Q17.系列大学などへの進学率は?
A.福岡女学院大学・短期大学部、福岡女学院看護大学への推薦制度があり、最近では20%程度の生徒が進学しています。
Q18.指定校推薦枠はどのような大学がありますか?
A.全国の約200校以上の大学に指定校推薦枠があります。

ページの先頭PAGE TOP