ぶどうの木募金

福岡女学院は「ぶどうの木募金」活動を行っています。

福岡女学院で学ぶ生徒達

この募金活動は、下記のことを目的とする性格上、学生・生徒・園児が安心して学校生活を継続することができるよう恒久的に行うものです。皆様にもお力添えをいただきますようお願いいたします。

学生・生徒の奨学資金の充実

本学院では、経済的困窮により学校活動が困難な学生・生徒の救済や、修学意欲の向上を目的とした成績優秀者への給付型奨学金を支給しています。今後さらに奨学金制度を拡充し、より多くの学生・生徒を支援してまいります。

学生・生徒・園児の教育、学習および生活に関する支援事業

学生・生徒・園児がより良い教育・学習環境で学校生活を送れるように環境整備や教育充実のために充当したいと考えております。まずは、教職員が一丸となって学生・生徒・園児を支えてまいる所存ですが、同窓会会長、後援会会長にも募金の趣旨をご理解いただき、協力して活動を進めていくことにご賛同いただいております。皆様にも、募金の趣旨をご理解いただき、学院に集う子供達を支え、その成長を見守りいただければ幸いです。ご寄付は任意のものではございますが、何卒あたたかいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

学校法人福岡女学院 役員一覧

税の免税措置

本学院は、文部科学省より寄付金控除の対象となる証明を受けておりますので、ご寄付に対しては、原則として次のような税制上の優遇措置が受けられます。

1:個人の場合

【所得税】

下記(1)、(2)いずれかの方式をお選びいただけます。

(1)所得控除方式

年間の寄付金が2千円を超える場合、その超えた金額が当該年の所得から控除されます。

寄付金額(総所得金額等の40%が上限)-2,000円=控除額

(2)税額控除方式

平成23年税制改正により、学校法人に対する個人からの寄付に係る控除制度は、現行の所得控除のほか、所得税に係る税額控除が新設されました。具体的には以下のとおりです。本学院もその適用法人として文部科学省より承認を受けております。

寄付金額-2,000円)*40%=控除額(所得税の25%が上限)

(当手続きは、学院から送付いたします「寄付金受領証」と「証明書(写し)」を確定申告時に所轄税務署へ提出してください。それによって所得税の還付が請求できます。

【住民税】

個人がその年に支出した寄付金の額が2千円を超え、かつ学校法人が、住民税の寄付金税額控除の対象として自治体の条例によって認定された場合は、住民税の控除を受けることができます。詳細は、住民税を納税されている自治体にお問い合わせください。

2:法人の場合

法人からのご寄付は、寄付金が当該事業年度の損金に算入されます。損金算入にあたりましては、「受配者指定寄付金」と「特定寄付金」とがありますので、どちらかを選択してください。

【受配者指定寄付金】

寄付した金額の全額を当該事業年度の損金に算入することができます。損金算入処理には日本私立学校振興・共済事業団への手続きと事業団発行の「寄付金受領書」が必要となります。事業団への諸手続きはお問い合せください。

(ご注意)損金算入手続きに必要となる「寄付受領書」の発行には、事業団が寄付金を受理してから一ヶ月ほどかかることがあります。当該決算期に損金処理をされる場合は、予め余裕をもってお申込み・お振込みくださるようお願いいたします。

【受配者指定寄付金】

特定寄付金は、一般寄付金とは別枠でその損金算入限度額と同額まで損金として算入できます。免税の手続きに必要な本学の「受領証」と「特定公益増進法人証明書(写)」は、寄付金が本学に入金され所定の手続きが終わり次第お送りいたします。

シンボルマーク

ぶどうの木募金について

募金について、詳しい資料を送付いたします。
ご希望の方は、ぶどうの木募金事務局へお電話あるいはメールでどうぞ。

福岡女学院 募金事務局 電話092-575-2949(直通)
Email: bokin@fukujo.ac.jp

資料をご請求の際に、本学院の中学校・高等学校、大学、看護大学の卒業生は
お名前の後に卒業生であることをお申し出ならびにメールの場合は明記くださいませ。

  • 福岡女学院大学生涯学習センター
  • 福岡女学院大学図書館
  • 福岡女学院天神サテライト
  • 福岡女学院同窓会
  • 感謝